Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

PythonでWebアプリを開発できるフルスタックなフレームワーク「Django」の入門書発売

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/12/13 07:00

 機械学習やデータ分析で注目される人気のPythonには、Webアプリの開発に適したフレームワークとしてDjangoがあります。メール送信やセキュリティ、管理サイトなど多くの機能が備わったこのDjangoの入門書として、12月13日(金)に『動かして学ぶ!Python Django開発入門』(翔泳社)が発売となりました。

動かして学ぶ!Python Django開発入門』は、Python用のフルスタックなWebアプリ開発フレームワークであるDjangoについて、初めて学ぶ方に向けて解説した入門書です。

 ファイル名変更など面倒な日常業務から、機械学習やデータ分析など高度な仕事までこなせるためPythonを利用している方は少なくないはず。DjangoはそんなPythonでWebアプリを開発できるフレームワークです。Webアプリに必要な多くの機能を標準で備えており、開発用の機能も充実しているので誰でも始めやすいのが特徴です。

 本書ではWebアプリ開発の初心者に向けて、著者の大高隆さんが「設計作業は簡素にする」「既存ライブラリを積極的に活用する」といった心得を最初に紹介。Webアプリの仕組みから説明しているので、Djangoの構造と合わせて理解しやすくなっています。

 実際にDjangoの機能を解説するにあたっては、まずは単一ページのアプリケーションを作ってみるところから始まります。問い合わせページに必須のフォーム機能(メール送信)や認証機能、会員用機能に必要なデータベースとの連携、さらにクラウドと連携してのデプロイとセキュリティまで、Webアプリに欠かせない機能をひととおり学ぶことができます。

 Pythonの文法や画面デザインのテンプレート利用やアレンジが可能なBootstrap、またGitの基礎知識についてはダウンロード特典で補完。フルスタックなWebエンジニアになる第一歩を踏み出せる1冊となっています。

目次

Chapter1 Webアプリを開発する前に
Chapter2 Webアプリを開発するには
Chapter3 Djangoの概説
Chapter4 Webアプリ開発前の準備
Chapter5 単一ページのDjangoアプリケーションを作成する
Chapter6 バージョン管理システムを構築する
Chapter7 トップページを作り込む
Chapter8 問い合わせページのフォーム画面を作る
Chapter9 フォーム機能を作り上げる:メール送信
Chapter10 Djangoに認証機能を追加する
Chapter11 会員用機能を作る:データベースとの連携
Chapter12 Djangoとクラウドを連携して本番運用を行う
Chapter13 独自ドメイン化とセキュリティ対策

【ダウンロード特典】
Appendix A Pythonの基礎知識
Appendix B Bootstrapの基礎知識
Appendix C Gitの基礎知識
Appendix D DjangoとモダンJavaScriptとの連携
Appendix E Djangoとモバイルアプリとの連携

動かして学ぶ!Python Django開発入門

Amazon SEshop その他


動かして学ぶ!Python Django開発入門

著者:大高隆
発売日:2019年12月13日(金)
価格:3,400円+税

本書について

DjangoによるWebアプリの設計・作成の基本、動的機能の作成(フォーム作成)の基本、認証処理の基本、データベースとの連携の基本(日記機能)、クラウドとの連携の基本(デプロイも含む)、セキュリティの基本などを学ぶことができます。

 



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 渡部 拓也(ワタナベ タクヤ)

     翔泳社マーケティング課。MarkeZine、CodeZine、EnterpriseZine、Biz/Zine、ほかにて翔泳社の本の紹介記事や著者インタビュー、たまにそれ以外も執筆しています。

バックナンバー

連載:翔泳社 新刊紹介

もっと読む

All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5