SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

CodeZineニュース

第1回「アルゴリズム実技検定」結果発表、14%が「エキスパート」を獲得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AtCoderは、2019年12月14日に実施した、プログラミングスキルを可視化する「アルゴリズム実技検定」の結果を、1月15日に発表した。

試験結果

 「アルゴリズム実技検定」は、「アルゴリズムをデザインし、コーディングする能力」を問う、実践を想定した日本初の検定。「知識型ではない」「受験者が得意なプログラミング言語を選べる」「アルゴリズムの実力を測る」のが特徴で、可視化が難しかったプログラミング能力を、「エントリー」(25~39点)、「初級」(40~59点)、「中級」(60~79点)、「上級」(80~89点)、「エキスパート」(90~100点)の5段階で評価する。

 第1回の「アルゴリズム実技検定」は458名が受験し、そのうち同社のプログラミングコンテストに参加したことがない一般受験者が約3割(126名)を占めており、同検定に対する注目度の高さがうかがえる。

 受験結果は、「初級」(33%、150名)がもっとも多く、全体の52%(240名)が「エントリー」「初級」ランクだった。また、14%(66名)が「エキスパート」ランクを獲得しており、うち38名が満点を獲得している。なお、ランク認定された受験者には「マイページ」にて認定証が発行される。

受験者に贈られる認定証のイメージ

受験者に贈られる認定証のイメージ

 なお、第1回検定の問題は、「アルゴリズム実技検定」のWebサイトにて公開しており、1月下旬には解説動画も公開する。また、第2回検定は4月の実施を予定している。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の著者

CodeZine編集部(コードジンヘンシュウブ)

CodeZineは、株式会社翔泳社が運営するソフトウェア開発者向けのWebメディアです。「デベロッパーの成長と課題解決に貢献するメディア」をコンセプトに、現場で役立つ最新情報を日々お届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/11911 2020/01/17 15:05

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング