Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

AWSジャパン、スタートアップ・デベロッパー支援の強化など、2020年の方針について発表

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/01/20 19:30

 アマゾン ウェブ サービス(AWS) ジャパンは、1月20日に行われた記者発表会において、同社の2020年の方針について発表した。

 登壇したアマゾン ウェブ サービス ジャパン 代表取締役社長 長崎忠雄氏は、以下の3点について注力していくと説明した。

  1. スタートアップ・デベロッパー支援を強化
  2. 企業の変革と人材教育をサポート
  3. 日本全国のお客様支援を強化する継続的投資
アマゾン ウェブ サービス ジャパン 代表取締役社長 長崎忠雄氏

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 代表取締役社長 長崎忠雄氏

 1については、これまでも技術支援やAWS Loft Tokyo(無償のコワーキングスペース)の開設、ネットワーキングやラーニングの機会提供などを通して、あらゆるステージのスタートアップを支援してきた。

 今後あらたな取り組みとして、グローバルビジネス支援プログラムの提供によって、スタートアップの海外展開の支援を推進していくと発表した。またAWS Loft専用のモバイルアプリを提供するなど、従来の取り組みの強化も進めていく予定。

 デベロッパー支援の取り組みとして、デベロッパー向けのウェブマガジンを創刊し、それに関連した特典も検討中。また、学生対抗ロボコン「AWS Robot Delivery Challenge」を、6月に行われるAWS Summitにて、日本選手権という形で開催する予定だ。

デベロッパー支援のための取り組み
デベロッパー支援のための取り組み

 2については経営者およびリーダー層へのクラウド勉強会の開催、AWS デジタルイノベーションプログラムの実施等を予定。開発者・技術者に向けては、トレーニングコースの拡充や、オンラインセミナーを今後も増やしていく。

 また、学生に向けた支援として、AWS academyとAWS educateについても力を入れていく旨を示唆した。

 3の継続的投資については、大阪オフィスをはじめ、名古屋、福岡の人員増加など、顧客の近くでのサポートを全国各地により拡大していくとした。

 さらに、2021年初頭、大阪ローカルリージョンを拡大した大阪リージョンを開設する予定も発表した。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5