Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

日本オラクル、第2世代クラウド「Oracle Generation 2 Cloud」のデータセンターを大阪に開設

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/02/04 14:15

 日本オラクルは、次世代クラウド「Oracle Generation 2 Cloud(以下、Gen 2 Cloud)」のデータセンターを大阪に開設し、運用を開始したことを2月3日に発表した。

 大阪リージョンは、2019年5月に開設した東京リージョンに次ぐ国内2拠点目となる。「Oracle Autonomous Database」から「Oracle Cloud Applications」まで、全ての「Oracle Cloud」のサービスが提供される。これにより顧客は、災害復旧に向け国内にある複数のリージョンで復元力のあるアプリケーションを展開でき、法的管轄外から機密データをホストする必要が無くなるため、コンプライアンス準拠に対応することが可能となる。

 大阪リージョンの開設は、「Oracle Cloud」への需要に対応する「Gen 2 Cloud」のリージョンを2020年内に36に拡大する一環である。「Gen 2 Cloud」は、「Oracle Autonomous Linux」や自己稼働データベースである「Oracle Autonomous Database」など、自律型サービスを実行するために構築されたクラウドサービス。

 既にエディオン、ソフトマックス、ファイテンが採用を表明している。エディオンでは、これまで基幹システムにおいて「Oracle Exadata」を活用してきたが、大阪リージョンの開設に伴い、東京、大阪と2つのリージョンを利用した「Oracle Cloud」に移行する。

 大阪に加え、米オラクル社はメルボルン(オーストラリア)、ジェッダ(サウジアラビア)、モントリオール(カナダ)、アムステルダム(オランダ)のリージョンの開設も発表。過去1年間で17の「Gen 2 Cloud」リージョンを開設し、現在世界で21のリージョン(16の商用および5つの政府)を運用している。

 今後2020年内までに、カリフォルニア(アメリカ)、ベロオリゾンテ(ブラジル)、ニューポート(UK)、ハイデラバード(インド)、チュンチョン(韓国)、シンガポール、イスラエル、南アフリカ、サンチアゴ(チリ)、サウジアラビアに加え、UAEに2リージョンの開設および運用開始を計画している。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5