Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Microsoft Edgeの開発者ツールが日本語を含む10か国語に対応

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/02/06 11:35

 米Microsoftは、Microsoft Edgeの開発者ツールを、日本語を含む10か国語にローカライズしたと2月4日(現地時間)に発表した。

 Microsoft Edgeの開発者ツールは今回、英語に加え、日本語、中国語(簡体字)、中国語(繁体字)、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、韓国語、ロシア語、スペイン語で利用できるようになった。

 Microsoft Edgeのアドレスバーに「edge://flags」と入力し、表示された設定画面で「Enable localized Developer Tools」を「Enable」に設定すると、Microsoft Edgeで使用されている言語で開発者ツールが使えるようになる。また、macOSではOSで設定されている言語が開発者ツールでも使われる。

 今回のローカライズでは、Web開発者がよく使用する言語が追加された。今後は、ヘブライ語やアラビア語といった、右から左へ書く言語への対応を進めていく。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5