CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「Kubernetes 1.18」がリリース、トポロジーマネージャー機能が利用可能に

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/03/31 13:40

 Kubernetes 1.18リリースチームは、「Kubernetes 1.18」を3月25日(現地時間)に正式リリースした。

 「Kubernetes 1.18」では、トポロジーマネージャー機能がベータ版に移行した。トポロジーマネージャー機能を利用することで、CPUとSR-IOV仮想機能のようなデバイスのNUMA調整が可能になり、低レイテンシ用に最適化された環境でワークロードを実行できるようになる。

 サーバサイドアプライはベータ2に移行し、すべての新たなKubernetesオブジェクトのフィールドに対する変更を追跡、および管理するために、リソースがいつ変更されたかがわかるようになっている。

 Ingressでは、パスを一致させる方法を指定可能なpathTypeフィールドが追加されており、デフォルトのImplementationSpecificタイプのほか、新たなpathTypeとしてExactとPrefixを用意する。また、Kubernetesクラスタ内のIngressタイプを記述するためのIngressClassリソースも追加されている。

 そのほか、クラスタ内のポッドを簡単にデバッグできるkubectl alpha debugコマンド、および非特権コンテナによるWindowsでの特権的なストレージ操作の実行を可能にするWindows用CSIプロキシ(どちらもアルファ版)が追加されており、全体としては38の拡張機能で構成され、15の拡張機能が安定版に、11の拡張機能がベータ版に、12の拡張機能がアルファ版に移行した。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5