CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Amazon Lambdaとモニタリングツールなどを統合できる「Lambda Extensions」登場

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/10/19 13:00

 米Amazon Web ServicesはAWS Lambdaにおいて、他のモニタリング/可観測性/セキュリティ/ガバナンスツールと統合できる「Lambda Extensions」を、10月8日(現地時間)にプレビュー公開している。

 Lambda Extensionsは、複雑なインストールや構成を行うことなく、ツールとLambda環境の統合を可能にするもので、以下のようなユースケースを想定している。

  • 関数呼び出しの前、最中、および後に診断情報をキャプチャする
  • コードを変更せずにコードを自動的にインストルメント化する
  • 関数呼び出しの前に構成設定またはシークレットをフェッチする
  • 機能とは別のプロセスとして実行できる強化されたセキュリティエージェントを介して、機能アクティビティを検出して警告する

 AWSマネジメントコンソールとAWSコマンドラインインターフェース(AWS CLI)を使用して、Lambdaレイヤーとしてデプロイし、AWS CloudFormation、AWSサーバーレスアプリケーションモデル(AWS SAM)、サーバーレスフレームワーク、Terraformといったコードツールとしてインフラストラクチャを使用可能なほか、Stackeryを使用して、Epsagon、New Relic、Lumigo、およびThundraの拡張機能の統合を自動化できる。

 課金モデルはLambda関数と同様で、Lambda ExtensionsでLambda関数を使用する場合は、処理されたリクエストと、コードとすべての拡張機能の実行に使用された合計計算時間に対して、100mm秒単位で料金が発生する。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5