CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

米AWS、Amazon EC2においてMacインスタンスを提供開始、各AWSサービスとの連携にも対応

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/12/03 08:00

 米Amazon Web Servicesは、11月30日(現地時間)に開催されたオンラインイベント「AWS re:Invent」において、Amazon EC2におけるMacインスタンスを提供することを発表した。

 Amazon EC2で提供されるMacインスタンスは、Mac miniをベースに開発され、オンデマンドのmacOSワークロードをAWSクラウド上で実行できるようになり、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Apple TV、Safari向けアプリ開発者は、macOS環境のプロビジョニングとアクセスを数秒以内に行うことが可能になるほか、必要に応じた容量の動的なスケーリングにも対応する。

 他のAmazon EC2インスタンス同様、MacインスタンスでもAmazon Virtual Private Cloud(Amazon VPC)やAmazon Elastic Block Store(Amazon EBS)、Amazon Elastic Load Balancing (Amazon ELB)、Amazonマシーンイメージ(AMI)など、AWSの各種サービスや機能と簡単に連携できる。インフラストラクチャ管理に伴う大きな負担をAWSに委ねることで、Macインスタンスを採用している企業からは、生産性や開発スピードが向上したとのコメントが寄せられている。

 Macインスタンスは、第8世代インテルCore i7、6個の物理/12個の論理コア、メモリ32GBのMac miniと、Thunderbolt 3接続を通じて最大10GbpsのVPCネットワーク帯域幅と、18GbpsのEBSストレージ帯域幅を提供するAWS Nitro Systemとの組み合わせによって実現されており、米国東部(バージニア州北部)、米国東部(オハイオ州)、米国西部(オレゴン州)、欧州(アイルランド)、アジアパシフィック(シンガポール)の各リージョンで提供を開始し、その他のリージョンは順次対応する予定。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5