CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

AWS SDK for Go v2の一般提供開始、モジュラーアーキテクチャの採用など変更点多数

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/01/22 08:00

 米Amazon Web Servicesは、AWS SDK and Toolsにおいて、「AWS SDK for Go v2」の一般提供を1月19日(現地時間)に開始した。すべてのAWSリージョンからアクセスできる。

 「AWS SDK for Go v2」では、モジュラーアーキテクチャを採用しており、ユーザーはアプリケーションのサービス依存関係のモデル化、およびGoモジュールを使用したサービスクライアントの更新を個別に制御可能なので、CPUとメモリの使用率が大幅に向上すると、アプリケーションの計算とメモリを大量に消費するタスクに、より多くのリソースが提供される。

 ほかにも、簡素化されたAPIクライアント、強化されたエラー処理、ページ付けとウェイターの改善によって、開発エクスペリエンスが向上し、アプリケーションをよりきめ細かく制御できるようになった。

 ミドルウェアを使用した、アプリケーション要件に合わせたトランスポートリクエストパイプラインの拡張またはカスタマイズにも対応している。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5