CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Red Hat Enterprise Linuxを無料で利用できる「Individual Developerサブスクリプション」の提供が発表

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/01/25 08:00

 米Red Hatは、Red Hat Developerプログラムを拡大し、無料でRed Hat Enterprise Linuxを利用することができる「Individual Developerサブスクリプション」の提供を、1月20日(現地時間)に発表した。

 Individual Developerサブスクリプションでは、Red Hat Enterprise Linuxを最大16システムの本番環境で使用できるようになっている。

 同プログラムでも、無料のRed Hatアカウント(またはGitHub、Twitter、Facebookなど)でサインインすることでアップデートを受け取ることが可能で、フルサポートへのアップグレードオプションも用意する。

 また、Individual Developerサブスクリプションでは、AWS、Google Cloud Platform、Microsoft Azureといった主要パブリッククラウドでもRed Hat Enterprise Linuxを利用でき、2月1日(現地時間)までに利用可能となる。

 なお、今後の各ディストリビューションの位置づけとしては、Fedora LinuxがOSの新たな機能の実験場であり、Red Hat Enterprise Linuxの次のメジャーバージョンが生まれる場所となり、CentOS Streamは、Red Hat Enterprise Linuxの次のマイナーバージョンとして継続的に提供される。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5