CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Microsoftビルド版OpenJDKがプレビュー公開

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/04/08 16:00

 米Microsoftは、同社がビルドしたOpenJDKのプレビュー提供を、4月6日(現地時間)に開始した。無料のLTSディストリビューションで、Windows/macOS/Linux上のx64サーバおよびデスクトップ環境上のOpenJDK 11.0.10+9をベースにした、Java 11バイナリが含まれる。

 今回、プレビュー提供が開始されたMicrosoftビルド版OpenJDKは、OpenJDKのソースコードをベースに、Eclipse Adoptiumプロジェクトで使用されているビルドスクリプトに準じており、Eclipse Adoptium品質保証スイート(OpenJDKプロジェクトテストを含む)でテストされている。また、Java 11仕様との互換性を検証するために使用される、Java技術互換性キットにも合格している。

 なお、Microsoftビルド版OpenJDKには、重要と思われるバックポートされた修正や拡張機能が含まれる可能性があり、変更を並行して進めつつ、より迅速な改善と修正を行っていく。

 同社は、内部で500000を超えるJava仮想マシン(JVM)を展開しており(すべてのAzureサービスと顧客のワークロードを除く)、バックエンドのマイクロサービスをはじめ、ビッグデータシステム、メッセージブローカー、イベントストリーミングサービス、ゲームサーバといったニーズに対応する。このうち、140000以上ですでにMicrosoftビルド版OpenJDKが用いられている。

 2021年後半には、Microsoftビルド版OpenJDKがAzureマネージドサービス全体でのJava 11のデフォルトディストリビューションとなり、他のAzureサービスではMicrosoftビルド版OpenJDKを含む任意のJDKが使えるようになる。

 そのほか、最新のOpenJDK 16+36リリースに基づく、ARM上で動作するWindowsに向けた、Java 16用の新たな早期バイナリアクセスも公開されている。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5