Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Google Gears × Google Readerをさっそく使ってみた

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007/05/31 17:26

公開されたばかりのGoogle Gearsを使って、Google Readerのオフライン作業を試してみよう。

 発表されたばかりのGoogle Gearsだが、対応アプリケーションの第一弾としてGoogle Readerでの利用が可能となっている。オフラインでも使用できるとのことだが実際にはどうなのか。インストールから動作まで確かめてみよう。

1.Google Gearsのダウンロード

 Google GearsはWebブラウザにインストールするタイプのアプリケーションとなっている。そのため、Google Gearsのサイトにアクセスし、ダウンロードする必要がある。

図1 Google GearsのWebサイトにある「Install Google Gears」ボタンをクリック
図1 Google GearsのWebサイトにある「Install Google Gears」ボタンをクリック
図2 説明を読み「Agree」をクリック
図2 説明を読み「Agree」をクリック

 するとGoogle Gearsがダウンロードされる。ダウンロードされない場合は「Click here」リンクをクリックしてインストーラをダウンロードしよう。

図3 ダウンロードされない場合は「Click here」をクリック
図3 ダウンロードされない場合は「Click here」をクリック

2.インストール

 ブラウザを閉じた状態でインストーラを実行する。「Success」と表示されればインストール完了だ。

図4 インストール完了画面
図4 インストール完了画面

3.Google Readerにアクセス

 Google Readerにアクセスすると、以下のようなGoogle Gears使用を知らせるポップアップが表示されるので、「Allow」をクリックする。

図5 Allowをクリック
図5 Allowをクリック

 Google Readerの画面では、右上に緑色のアイコンが表示されるようになっている。これをクリックすることで、フィード情報をローカル環境に保存することができる。

図6 画面右上にアイコンが表示される
図6 画面右上にアイコンが表示される
図7 アイコンをクリックするとフィード情報が保存される
図7 アイコンをクリックするとフィード情報が保存される

4.オフライン作業

 次にブラウザを「オフライン状態」にする。すると、オフライン状態にしたにもかかわらず、通常通りGoogle Readerでフィード情報を閲覧することができる。

図8 オフライン状態にもかかわらず、閲覧が可能
図8 オフライン状態にもかかわらず、閲覧が可能

5.オンライン復帰時

 オンラインに戻った際は、再びアイコンをクリックする。これにより既読件数などの情報が同期される。

図9 同期が行われる
図9 同期が行われる

 以上、簡単な使い方を紹介してきたが、オフラインでもストレスなく閲覧できることが確認できた。現在のところGoogle Readerしか対応していないが、例えばGoogle D&Sであれば、「オフライン時に編集しておき、ネットワーク接続が可能になったら同期を取る」といった使い方が考えられ、特にモバイル環境において実力を発揮しそうなアプリケーションとなっている。

 他にも公式サイトでは、内部データベースを使ったサンプルなどが公開されている。もちろんGoogle以外のWebサイトによるGoogle Gears対応も可能で、今後、さまざまな使い方が示されていくと思われる。

Google:
Google Gears (BETA)
Google Reader

CodeZine:
「サプライズはGoogle Gears」 全世界でGoogle Developer Day 2007開催
  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5