CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「Visual Studio 2022」が発表、最初のパブリックプレビューは今夏を予定

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/04/22 16:00

 米Microsoftは、統合開発環境(IDE)の最新版となる「Visual Studio 2022」を、4月19日(現地時間)に発表した。最初のパブリックプレビューは、今夏のリリースを予定している。

 「Visual Studio 2022」は、64ビットアプリケーションとなり、devenv.exeのプロセスにおける最大4GBのメモリ制限から解放される。また、64ビットへの移行後も、引き続き32ビットアプリケーションを構築できる。

 またUIが更新され、コントラストが高い、わかりやすいアイコンデザインや、読みやすさと合字サポートを向上した新しい固定幅フォントであるCascadia Codeが採用されたほか、テーマも改善されている。

 ほかにも、それぞれの開発者に合わせたカスタマイズ機能の強化や、Azureや.NETアプリケーション開発における最新機能のサポート、C++20のサポート、デバッグ機能の強化、リアルタイムコラボレーション機能の搭載、GitおよびGitHubサポートの強化など、さまざまな機能追加・改善が実施された。

 なお、今後リリースを予定している「Visual Studio 2022 for Mac」では、macOS用に調整された最新の.NET IDEによる生産性に優れたエクスペリエンスの提供を目指しており、ネイティブmacOS UIへの移行に取り組んでいる。また、WindowsとmacOSでの開発の一貫性をさらに高めるべく、IDE全体でメニューと用語を更新するほか、Windows版に導入されるGitサポートも追加される。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5