CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「インタプリタ」
~マンガでプログラミング用語解説

マンガで分かるプログラミング用語辞典(189)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/08/31 11:00

解説

 「インタプリタ」(interpreter)は通訳者を意味する言葉で、人間が書いたプログラムを、記述の順番に少しずつ処理していく実行するものです。

 コンパイラを使う方式と違い、コンパイルの作業が必要ないので、気軽に実行できるというメリットがあります。しかし、プログラムを読み込み、解釈しながら実行していくため、コンパイルを行う方式よりも処理が遅いというデメリットもあります。

 古くは、コンパイル方式とインタプリタ方式が大きな分類方法でしたが、現在ではこうした分類はあまり行われません。

 最近のプログラミング言語では、コンパイルを行わない言語でも、内部的にコンパイルして実行するものが多いです。こうしたやり方は、処理速度が遅いというインタプリタのデメリットを防ぎつつ、毎回コンパイルしたファイルを作る作業を軽減するメリットがあります。

サンプル

 今回はサンプルはありません。

フィードバックお待ちしております!

 ご感想、解説して欲しい用語、解説内容のアドバイスなどございましたら、FacebookTwitterなどでお気軽に編集部までお寄せください。よろしくお願いいたします。



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:マンガで分かるプログラミング用語辞典

もっと読む

著者プロフィール

  • 柳井 政和(ヤナイ マサカズ)

    クロノス・クラウン合同会社 代表社員 http://crocro.com/ オンラインソフトを多数公開。 プログラムを書いたり、ゲームを作ったり、記事を執筆したり、マンガを描いたり、小説を書いたりしています。 「めもりーくりーなー」でオンラインソフト大賞に入賞。最近は、小説家デビューして小説...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5