CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

GraalVMでSpring Frameworkアプリケーションをコンパイルできる「Spring Native 0.10.0」がリリース

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/06/16 08:00

 Spring Frameworkの開発チームは、GraalVMを使ってSpring Frameworkのアプリケーションをネイティブイメージにコンパイルできる「Spring Native 0.10.0」を、6月14日(現地時間)にリリースした。

 「Spring Native 0.10.0」は、「Spring Boot 2.5」および「GraalVM 21.1」をベースとしており、ローカルコンパイラを使用したネイティブアプリケーションのビルドおよびテストが可能になっており、従来提供されていたMavenプラグインに加えて、Gradleプラグインが用意されている。

 また、従来はインターフェースでのみ使用できるJDKプロキシをサポートしていたが、「Spring Native 0.10.0」では@AotProxyHintアノテーションを介して、ビルド時にクラスのプロキシが生成可能となり、セキュリティ、トランザクション、クラス上のさまざまなプロキシベースのメカニズムをサポートできるようになった。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5