CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Docker、公式ブログにてDockerfilesにおけるヒアドキュメントの概要を紹介

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/08/04 10:00

 米Dockerの公式ブログにおける、7月30日(現地時間)付の投稿において、DockerコミュニティメンバーであるJustin Chadell氏による、Dockerfilesのヒアドキュメント構文に関するゲスト投稿が紹介された。

 DockerのBuildKitツールでDockerfilesを構築する際に、ヒアドキュメント構文がサポートされるようになり、各行の終わりにバックスラッシュを必要としない複数行のRUNや、小さなインライン構成ファイルの作成などが可能になった。

 BuildKitは、ソースコードを変換して効率的かつ表現力豊かで再現性のある方法でアーティファクトを構築するためのツールキットで、Dockerイメージの次世代ビルダーであり、Dockerイメージ、または他のOCIランタイムのイメージを構築するために使用できる。

 docker buildを行う際に、DOCKER_BUILDKIT=1と設定するか、docker buildxコマンドを使用することで利用可能となり、ローカルまたはリモートの複数の異なる「ビルダ」を、Dockerデーモン自体、Dockerコンテナ、Kubernetesポッドで簡単に切り替えられる。ビルダ自体は、フロントエンドとバックエンドの2つの主要部分に分割され、フロントエンドは中間のLow Level Builder(LLB)コードを生成し、バックエンドによってイメージに構築される。

 BuildKitは柔軟性に優れており、それぞれのコンポーネントは互いに完全に分離されているため、任意のイメージで任意のフロントエンドを使用できる。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5