CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Web型Gitリポジトリマネージャー「GitLab 14.2」が発表

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/08/24 08:00

 米GitLabは、macOS用のBuild Cloudベータ版と、Markdownのプレビュー、拡張されたGitpod統合、新たなDevOps採用指標などを含む、Web型Gitリポジトリマネージャー「GitLab 14.2」を、8月22日(現地時間)に発表した。

 「GitLab 14.2」には、GitLab SaaS CI/CDと統合された、GitLab Runnerを利用したmacOS向けのビルドプラットフォームである、Build Cloudベータ版が含まれている。ベータ版へのアクセスは、現時点では承認された顧客と、オープンソースコミュニティプログラムのメンバーのみに制限されており、macOS RunnerはオンプレミスのMac環境、MacStadium、またはAWSにインストールできる。

 また、マージリクエストページから直接Gitpodを起動できるようになり、使用するターゲットブランチを事前構成すると、レビューをスピードアップし、コンテキスト切り替えの必要性が減らせるようになった。なお、GitPod統合を有効化すると、マージリクエストにグループ化された「Open in」ボタンが表示され、Web IDEまたはGitpodでマージリクエストを開ける。

 そのほか、依存関係スキャンとファズテストにおいて、UIのDevOps Adoptionテーブルからグループ全体の採用を比較したり、テーブルを並び替えてこれらのセキュリティ機能を使用しているグループを、簡単に見つけられるようになり、Web IDEとファイルエディタの両方でMarkdownのライブプレビューが可能になるなど、さまざまな機能追加・改善が行われた。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5