CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

サービスメッシュの最新版「Kuma 1.3」と「Kong Mesh 1.4」がリリース

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/08/30 09:00

 Kongは、オープンソースのサービスメッシュ「Kuma 1.3」と、エンタープライズサービスメッシュ「Kong Mesh 1.4」がリリースされたことを、8月26日(現地時間)に発表した。

 「Kuma 1.3」には、すべてのサービストラフィックの依存関係を視覚化する、サービスマップトポロジビューが追加され、新たな公式Grafanaダッシュボードとして提供される。

 また、従来の「strict」モードだけでなく、「permissive」モードでもmTLSがサポートされ、受診要求でデータプレーンプロキシ証明書を検証する方法に柔軟性を持たせることで、既存のアプリケーションをサービスメッシュに簡単に移行できるようにした。

 さらに、データプレーンプロキシと通信する際に、ホスト名とポートをカスタマイズするための「Virtual Outbound」ポリシーが新たに導入されるとともに、mTLSを使用する場合の中間CAサポートの改善、ExternalServicesにおけるSNIサポートの改善も行われている。

 「Kong Mesh 1.4」では、mTLSが有効になっている場合に、既存のmTLSデータプレーンプロキシ証明書のローテーションに加えて、完全に自動化されたCAローテーションが新たに利用可能となり、サービスメッシュにおけるTLSとゼロトラストの管理のライフサイクル全体を完全に自動化する。

 新たなCAローテーションによって、ダウンタイムなしでMeshリソース内のCAを自動的に置き換え、データプレーンプロキシ証明書を新しいCAで自動的に再プロビジョニングできるようになる。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5