CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

オンプレミスでのKubernetesクラスタの作成・運用を可能にする「Amazon EKS Anywhere」が一般提供開始

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/09/10 08:00

 米Amazon Web Servicesは、「AWS re:Invent 2020」で発表していた「Amazon EKS Anywhere」の一般提供を、9月8日(現地時間)に開始した。

 Amazon EKS Anywhereは、オンプレミスでKubernetesクラスタを作成および操作するためのインストール可能なソフトウェアパッケージと、クラスタライフサイクルサポートのための自動化ツールを提供する。

 Amazon EKS Anywhereによって、Amazon EKSで使用されるKubernetesのオープンソースディストリビューションであるAmazon EKS Distroの長所に基づき、データセンターにおける一貫したAWS管理エクスペリエンスがもたらされる。

 オープンソースであり、EKS Distroクラスタの作成、オペレーティング環境の構成、ソフトウェアの更新のために独自の管理ツールを購入または構築する複雑さを軽減できる。

 クラスタ管理を自動化して、サポートコストを削減し、Kubernetesクラスタを操作するために複数のオープンソースまたはサードパーティのツールを使用するという冗長な作業を排除でき、AWSによって完全なサポートが提供される。さらに、EKSコンソールを使用すれば、実行されているすべてのKubernetesクラスタを表示できる。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5