CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Gitリポジトリマネージャ「GitLab 14.5」がリリース

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/11/25 09:00

 米GitLabは、GitリポジトリマネージャGitLabの最新版となる「GitLab 14.5」を、11月22日(現地時間)にリリースした。

 「GitLab 14.5」には、Infrastructure as Code(IaC)構成ファイルのセキュリティスキャンが導入されており、オープンソースのKeeping Infrastructure as Code Secure(KICS)プロジェクトに基づき、現段階ではTerraform、Ansible、AWS CloudFormation、Kubernetesの構成ファイルをサポートしている。なお、同機能はKubernetesマニフェストSASTスキャナに追加される。

 また、一般的なアクセスの偽装とCI/CDジョブの偽装に対応しており、Agent構成ファイルで偽装を指定可能で、偽装されたアカウントのアクセス許可は、Kubernetes RBACルールによって管理できる。

 さらに、従来はプレミアムユーザーのみ利用可能だったGitLab Kubernetes Agentと、CI/CD Tunnelのコア機能が、無料版GitLabでも利用できるようになっている。

 ほかにも、Jupyter Notebookにおける自動的なノイズ除去や、Geoにおけるセカンダリノードを昇格するコマンドの提供、プロジェクトにおけるトピック探索タブの追加、管理エリアにおけるトピック管理機能の追加など、さまざまな機能追加・改善が行われた。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5