CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

PostgreSQLエンタープライズ・コンソーシアム、2021年度の活動成果報告セミナーを5月20日にオンライン開催

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022/05/19 10:00

 PostgreSQLエンタープライズ・コンソーシアム(PGECons)は、設立10年目となる2021年度の活動成果報告セミナーを、5月20日にオンライン開催する。参加費は無料で、事前登録が必要。また、2021年度の成果物の公開は5月末を予定している。

 PGEConsは、PostgreSQLのエンタープライズ領域への普及推進を目的として、2012年4月に発起人9社によって設立され、2022年4月時点では正会員17社、一般会員50社に拡大した。

 PGEConsでは、技術部会をおもな活動母体とし、PostgreSQLの性能などの検証を行う「新技術検証ワーキンググループ(新技術検証WG)」、データベースの移行の考慮点やその方法を検討する「移行ワーキンググループ(移行WG)」、データベース管理者やアプリケーション開発者が抱える現場の課題を検討する「課題検討ワーキンググループ(課題検討WG)」の3グループにて活動を行っている。

 今回行われる2021年度の活動成果報告セミナーでは、3グループによる2021年度における活動成果の詳細報告とともに、2022年度の年間活動計画が発表される。

 2021年度のおもな活動成果としては、新技術検証WGが旧バージョン13と新バージョン14の性能比較として、マルチコアCPUにおけるスケール性能検証を行い、バージョン13から14への性能変化の有無や傾向を確認した結果をまとめた。

 移行WGは、PostgreSQLのバージョン14がリリースされたことから、以前のPostgreSQLのバージョンと比較した移行のポイントや注意点をまとめている。

 課題検討WGは、PostgreSQLの拡張機能を開発し、その開発経緯や拡張機能開発の手順についてまとめるとともに、PostgreSQLのshared_buffersの適正値について検証し、設定方針を作成した。

 2021年度の活動成果報告セミナーの開催日時は、5月20日13時30分~16時35分。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5