CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

プログラミング言語Rust、9月公開予定のバージョンからglibcとkernelの最低要件が変更に

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022/08/04 10:00

 プログラミング言語Rustの開発チームは、9月22日に公開を予定している「Rust 1.64.0」から、Linux版の最低要件を引き上げると8月1日(現地時間)に発表した。

 「Rust 1.64.0」からは、LinuxのGNU Cライブラリ(glibc)とカーネル(kernel)の最低要件が上がる。それまではglibcが2.11、kernelが2.6.32が最低要件だったが、1.64.0からはglibcが2.17、kernelが3.2に上がる。

 この要件変更はRustコンパイラを動作させる環境だけでなく、標準ライブラリlibstdを使っている場合はバイナリを動作させる環境にも影響する。とはいえ、新たな要件として指定されたglibcとkernelのバージョンは10年程度前のものだ。Rustの開発チームは長期サポート版のLinuxディストリビューションを使っている場合や、組み込み機器で古いLinuxを使っている場合でもない限り、今回の要件変更の影響を受けることはないだろうとしている。

 開発チームは、もしも今回の要件変更の影響を受ける場合は、Linuxのアップデートなどの対策を取ってほしいとしている。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5