SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

翔泳社 新刊紹介(PR)

アジャイル開発でのテスト品質を向上させよう! 『ソフトウェアテストをカイゼンする50のアイデア』発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 短期間でトライアンドエラーを繰り返すアジャイル開発において、テストをどのように実施するかは重要な課題です。質の高いテストを行うためのヒントが詰め込まれた書籍が、CodeZineを運営する翔泳社から9月20日(火)に発売された『ソフトウェアテストをカイゼンする50のアイデア』です。

 『ソフトウェアテストをカイゼンする50のアイデア』は、アジャイル開発で役立つソフトウェアテストのアイデア集です。

 要件を定めるユーザーストーリーにもとづいたテスト計画を立て、効果的に実施するだけでなく、そのテストをさらにカイゼンしていくための方法が紹介・解説されています。

 適切なチェックを設計するために「重要な具体例に焦点を当てよう」、テストを容易にするために「CPU時間ではなく論理的なビジネス時間を導入しよう」といった現場で培われたアイデアは、テストの質を高め、結果としてソフトウェア自体の品質を大きく向上させます。

 アジャイル開発の現場でいかに効率よくテストを行えばいいのか試行錯誤しているエンジニアなど、テストに関わるすべての人におすすめです。

※本書はGojko Adzic、David Evans、Tom Rodenによる『Fifty Quick Ideas To Improve Your Tests』(2015、Neuri Consulting LLP)の邦訳です。

目次

Chapter 1:テストのアイデアを生み出す
 ・関係者と品質に関する全体像を定義しよう
 ・「常にある/決してない」から考えよう
 など

Chapter 2:適切なチェックの設計
 ・重要な具体例に焦点を当てよう
 ・テストシナリオの期待値には数式ではなく具体的な値を記述しよう
 など

Chapter 3:テスト容易性の向上
 ・CPU時間ではなく論理的なビジネス時間を導入しよう
 ・テストからデータ生成処理を分離しよう
 など

Chapter 4:大規模なテストスイートの管理
 ・自動テストを開発者の責任としよう
 ・他のチームと一緒にテストを設計しよう
 など

Chapter 5:日本語版追加アイデア
 ・CI/CD関連

ソフトウェアテストをカイゼンする50のアイデア

Amazon  SEshop  その他

 
ソフトウェアテストをカイゼンする50のアイデア

著者:Gojko Adzic、David Evans、Tom Roden
翻訳:山口 鉄平
発売日:2022年9月20日(火)
定価:2,838円(本体2,580円+税10%)

本書について

本書は、ソフトウェアテストを行う読者に向けて、アジャイル開発において、ユーザーストーリーにもとづいたテスト計画を立て、それを短い反復という開発プロセスに合わせた形で整理する方法を提供してくれます。

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
翔泳社 新刊紹介連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

渡部 拓也(ワタナベ タクヤ)

 翔泳社マーケティング課。MarkeZine、CodeZine、EnterpriseZine、Biz/Zine、ほかにて翔泳社の本の紹介記事や著者インタビュー、たまにそれ以外も執筆しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/16384 2022/09/20 07:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング