CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Ajax対応.NETコンポーネント「LiveControls 1.0J」でWebページを作る

LiveControls 1.0Jでタイマーを使ったWebページを作る

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/05/29 14:00

 ページ内の一部が変更されるWebコンテンツを作っている際に、ページ全体を更新するのではなく、変更した部位だけ更新できないものかと思っている方は多いのではないでしょうか。Ajax対応コントロール群のLiveControls 1.0Jを使用すると、この願いを叶えることができます。

目次

はじめに

 ページ内の一部が変更されるWebコンテンツを作っている際に、ページ全体を更新するのではなく、変更した部位だけ更新できないものかと思っている方は多いのではないでしょうか。Ajax対応コントロール群のLiveControls 1.0Jを使用すると、この願いを叶えることができます。

 さらに、LiveControlsにはTimerコントロールが含まれているので、WindowsFormのようにアニメーションを使ったWebページを作成することもできます。

 そこで、今回はLiveTimerコンポーネントで簡単なアニメーションをWebページに組み込んでみました。

画像イメージを横に移動するアニメーションをWebページに組み込む
画像イメージを横に移動するアニメーションをWebページに組み込む

対象読者

 Visual Basic 2005またはVisual C# 2005を使ってプログラムを作ったことのある人。

必要な環境

 Visual Basic 2005またはVisual C# 2005、Visual Studio 2005でプログラムが作れる環境。

  .NET Framework 2.0から追加されたクラスやメンバを使用しているので、.NET Framework 2.0がインストールされていることが必須条件です。なお、本プログラムはWindows Vista上で動作するVisual Studioを使用して作成し、動作確認を行っています。

サンプルプログラム実行時の注意事項

1.Visual Studio 2005でサンプルWebサイトを開く

 Visual Studio 2005をお持ちであれば、LiveControls 1.0Jトライアル版をインストールし、ソースコード圧縮ファイル「mylive_vb_src.zip」または「mylive_cs_src.zip」を解凍して作成されるプロジェクトファイルをVisual Studio 2005で開き、実行させてください。

2.Visual Studio 2005を使わずにサンプルWebサイトを開く

 Visual Studio 2005を使わずに、サンプルWebサイトを直接IISなどのWebサーバで開く場合は、ソースコード圧縮ファイル「mylive_vb_src.zip」または「mylive_cs_src.zip」を解凍して作成されるプロジェクトファイルを、フォルダ構成を変えずにWebサーバにインストール・登録してください。

 以下は、Microsoft IISサーバにインストールする場合の手順です。

  1. プロジェクトファイルのフォルダを、そのままWebサーバへ配置します。
  2. (例:\Inetpub\wwwroot直下へ配置)
  1. サーバに配置したアプリケーションフォルダに対して、「アプリケーションへの変換」を実行します。
  1. 「アプリケーションの追加」ダイアログで、「アプリケーションプール」を「Classic .NET AppPool」に設定します。
  1. クライアントのWebブラウザで、Default.aspxファイルを開きます。
  2. (例:http://localhost/mylive_vb/)
※注意
 Windows Vistaで製品のサンプルをコンパイルしようとするとエラーが発生する場合があります。これは、Windows VistaのUAC(ユーザーアカウント制御)により、製品サンプルがインストールされているフォルダに書き込みができないため、コンパイル時にエラーが発生するという現象です。Visual Studioを管理者権限で実行するか、サンプルプロジェクト一式をアクセス権のあるフォルダに移動してからコンパイルを行うようにしてください。
また、Webブラウザでaspxファイルを実行する際にIISサーバでエラーになる場合は、Web.configファイルに以下の1行を追加してください。
<identity impersonate="false" />

コンポーネントのインストール

 はじめてLiveControls 1.0Jを使用する方は、プロジェクトにLiveControls 1.0Jをインストールする必要があります。

 インストーラは、グレープシティのWebページからダウンロードできますので、ここからダウンロードしてインストールしてください。製品ページ左側の[ダウンロード]-[トライアル版]をクリックし、ダウンロード方法([FTP]または[HTTP])を選択すれば入手できます。ファイルはLZH形式で圧縮されています。

 有償のコンポーネントですが、プロダクトキーを入力せずにインストールすることで、トライアル版として使用できます。制限事項などの詳細については、インストーラに同梱されているリリースノートを参照ください。

 LiveControls 1.0Jは、Visual Studio 2003とVisual Studio 2005に対応しており、Visual Studio 2003とVisual Studio 2005では、コンポーネントをプロジェクトに追加する方法が一部異なります。
本記事はVisual Studio 2005を使う前提で説明をしているので、Visual Studio 2003バージョンの場合は、LiveControls 1.0Jのヘルプを見てコンポーネントをインストールしてください。

コントロールの追加

 LiveControls 1.0Jをインストールしたら、ツールボックスに専用のタブを作成し、LiveControls 1.0Jコンポーネントを追加します。追加するコンポーネントは、「.NET Frameworkコンポーネント」の「名前空間」が「Dart.PowerWEB.LiveControls」で始まる名前空間のコンポーネント「LiveButton」「LiveLabel」「LiveImage」「LiveTimer」です。

「名前空間」が「Dart.PowerWEB.LiveControls」で始まる名前空間のコンポーネント「LiveButton」「LiveLabel」「LiveImage」「LiveTimer」を選択する
「名前空間」が「Dart.PowerWEB.LiveControls」で始まる名前空間のコンポーネント「LiveButton」「LiveLabel」「LiveImage」「LiveTimer」を選択する

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 瀬戸 遥(セト ハルカ)

    8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

バックナンバー

連載:ComponentZine(LiveControls)
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5