Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

オープンソースのLinuxディストリビューション「openSUSE 11.0」リリース

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/06/26 16:14

Linuxディストリビューション「openSUSE」のメジャーアップデート版11.0がリリースされた。openSUSEコミュニティのWebサイトより、無料でダウンロードできる。

 Linuxディストリビューション「openSUSE」のメジャーアップデート版11.0がリリースされた。openSUSEコミュニティのWebサイトより、無料でダウンロードできる。

openSUSE 11.0デスクトップ画面
openSUSE 11.0デスクトップ画面

 openSUSEは、ノベルがスポンサーを務めコミュニティが開発するオープンソースのLinuxディストリビューション。バージョン9.1からは日本語にも対応している。

 今回のバージョンアップではインストーラの刷新のほか、200以上の新機能が追加された。デスクトップ環境では、最新の「GNOME 2.22」および「KDE 4」を搭載し、「Compiz Fusion 0.7.4」による3Dデスクトップ効果の強化、「PulseAudio」を用いたGNOMEにおけるサウンド制御の改善などが行われている。

 また、Microsoft Office互換のオフィススイート「OpenOffice.org 2.4」やLinux向けマルチメディアプレイヤー「Banshee 1.0」なども同梱しており、日常的に利用するソフトウェア郡も充実した。

 インストールメディアは、DVDイメージとライブCDの2種類が提供されている。ライブCDではコンピュータに変更を加えずにopenSUSEをCDから起動し、GNOME/KDEのデスクトップをそれぞれインストールできる。

 なお、現在日本語でのインストールに不具合があることが報告されている。ドライバアップデートをしてから日本語でインストールするか、英語でインストールし途中のロケール設定で日本語に変更することで回避できる。

 
【関連リンク】
Download openSUSE 11.0
Installation/11.0 DVD Install(日本語インストール・ガイド)
日本のopenSUSEコミュニティ

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5