Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

統合開発環境「Eclipse 3.4」日本語化言語パック公開

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/10/17 11:16

 16日、統合開発環境「Eclipse 3.4」の日本語化言語パックが公開された。SOURCEFORGE.JPより無償でダウンロードできる。

 16日、統合開発環境「Eclipse 3.4」の日本語化言語パックが公開された。Eclipseプラグインとして機能し、日本語環境を実現する。SourceForge.JPのNTTデータグループ・オープンソーススクエアより無償でダウンロードできる。

日本語化言語パック適用後の画像イメージ(※SourceForge.JPより転載)
日本語化パック適用後の画像イメージ(※SourceForge.JPより転載)

 Eclipse 3.3以降、Eclipse Foundationからの日本語化言語パックの提供が停止されており、今回のプラグインはNTTデータとNTTデータビジネスブレインズ、うぃる、Eclipse Japan Working Group、NTTデータイントラマートが協力して開発したもの。

 従来提供されてきた言語パックと同様の構成を採用しているため、旧バージョンのEclipse日本語化言語パック利用者は、スムーズに使い始めることができる。また、うぃるがオープンソースとして提供するEclipse日本語化プラグイン「Pleiades」単体で使用したと比べて、翻訳精度が高いという。

 
【関連リンク】
Eclipse Ganymede(3.4.1)日本語化言語パック(サードパーティ版)
Eclipse3.4の日本語化言語パック(サードパーティ版)を無償公開(ニュースリリース)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5