CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

マイクロソフト、「Windows Server 2008 R2」の詳細発表
製品体系および参考価格、発売日など

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/08/06 19:31

 マイクロソフトは6日、次期サーバOS「Microsoft Windows Server 2008 R2」の製品体系および参考価格、発売日を発表した。大規模データセンターから中小規模企業向けまで多様な6つのエディションで構成され、9月1日にボリュームライセンスの提供が、10月22日にパッケージ製品の提供が開始される。

 マイクロソフトは6日、次期サーバOS「Microsoft Windows Server 2008 R2」の製品体系および参考価格、発売日を発表した。大規模データセンターから中小規模企業向けまで多様なエディションで構成され、9月1日にボリュームライセンスの提供、10月22日にパッケージ製品の提供が開始される。

 Windows Server 2008 R2の主な製品体系は、仮想OSを無制限に実行でき、最大16ノードの大規模クラスター構成に対応した基幹業務システム向けの「Windows Server 2008 R2 Datacenter」、4インスタンスの仮想OSが実行可能で中小~大規模エンタープライズ向けの「Windows Server 2008 R2 Enterprise」、ファイル共有など日常業務向けの「Windows Server 2008 R2 Standard」がある。

 このほか、OEM提供のみで15名以下の中小企業向けの「Windows Server 2008 R2 Foundation」、Itaniumプロセッサに対応したミッションクリティカルシステムに最適な「Windows Server 2008 R2 for Itanium-based Systems」、IIS 7.5をベースとしたWebサーバ構築を専用とする「Windows Web Server 2008 R2」の全6種類となる。

 参考価格は、「Windows Server 2008 R2 Datacenter」のボリュームライセンスが税抜463,000円。

 「Windows Server 2008 R2 Enterprise」のボリュームライセンスが税抜454,000円、パッケージ製品が税抜720,000円(25CAL付)。

 「Windows Server 2008 R2 Standard」のボリュームライセンスが税抜140,000円、パッケージ製品が税抜188,000円(5CAL付)。

 「Windows Server 2008 R2 for Itanium-based Systems」のボリュームライセンスが税抜463,000円。

 「Windows Web Server 2008 R2」のボリュームライセンスが税抜77,500円、パッケージ製品が税抜85,800円となっている。その他の詳細は、公式サイトを参照のこと。

 
【関連リンク】
Microsoft(R) Windows Server(R) 2008 R2 発売に向けた製品体系、参考価格および発売日を発表

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5