Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

多次元データベースクエリー言語「MDX」入門
~クライアントアプリケーションの作成方法(7)

第7回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/10/21 14:00

 MDXは難解で、習得が困難なクエリー言語であると言われています。この連載では、MDXを可能な限り短期間で実践で使えるレベルまで習得できるよう、使用例とともに入門編として解説します。最終回の今回は、MDXを発行するミドルウェア「ADOMD.Net」とアプリ開発ツール「CubeWalker」を使ったアプリケーション作成方法を解説します。

目次

はじめに

 MDXは難解で、習得が困難なクエリー言語であると言われています。この連載では、全7回をとおして、難解と言われているMDXを可能な限り短期間で実践で使えるレベルまで習得できるよう、基本的な考え方やよく使う関数などに範囲を限定し、使用例とともに入門編として解説しています。

 なお、本記事はマイクロソフト社製SQL Server 2005および2008のAnalysis Servicesを前提として解説しています。MDXにはいわゆる「方言」が多く、記述内容が他の多次元データベース製品に必ずしも適合しない可能性があることをあらかじめご了承ください。

 第7回目の今回は連載の最終回として、MDXを発行するミドルウェア「ADOMD.Net」とアプリケーション開発ツール「CubeWalker」を使用したクライアントアプリケーションの作成方法を説明します。

対象読者

  • Microsoft SQL Server Analysis Servicesの基礎知識があり、これからMDXを覚えようという方

これまでの連載

必要な環境

  • Microsoft SQL Server 2005 Analysis ServicesまたはMicrosoft SQL Server 2008 Analysis Services

MDXを発行するクライアントアプリケーションの作り方

 本連載ではここまで、MDX言語の一般的な解説を行ってきました。最終回の今回は、MDXを使ったクライアントアプリケーションの作り方について解説します。

 最初にMDXを発行するために必要なミドルウェア「ADOMD.Net」についての概要を、その後、当社が独自開発し製品化したアプリケーション開発ツール「CubeWalker」を使ったサンプルアプリケーションの作り方について解説します。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 大家 正巳(オオヤ マサミ)

    株式会社ヴィバーク代表取締役。 システムアナリスト。 この度、当社では SQL Server Analysis Services に接続し、MDXの発行が可能な BIシステム構築ツール「CubeWalker」を開発しました。2009年10月より発売致します。 高速かつ安価なBIシステム作りに、是非お...

バックナンバー

連載:難解クエリー言語「MDX」に挑戦
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5