Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

高速な算術圧縮を実現する「Range Coder」

バイト単位で出力することで算術圧縮の処理を高速化する

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2006/07/05 00:00

本記事では全体のサイズが最小となる算術圧縮を高速に実現するRange Coder(以下RC)を紹介します。算術符号は圧縮率が高い反面、ビット単位の演算処理が大量に発生するため、符号化/復号化ともにHuffman符号に比べ遅いという問題点があります。今回紹介するRCは算術符号の処理をバイト単位で行うことで高速な処理を可能とします。

目次
※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

修正履歴

  • 2007/07/24 20:22 状態の更新時にごくまれに桁あふれする場合に対応しました。Kasaharaさん、ありがとうございます。

著者プロフィール

All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5