Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

「特集記事」連載一覧

1~15件(全526件)
  • 2017/05/22

    OSSフレームワーク「dataforms.jar」でサンプルプログラムを構築する(2)

     本記事ではMVCそれぞれの機能を1つのjarファイルにまとめた、中小規模Webアプリ開発向けのOSSフレームワーク「dataforms.jar」を使い、掲示板のサンプルアプリケーションを構築します。前回は、テーブルとフィールドクラスの作成、ページとフォームクラスの作成、ページクラスからのHTML作成を行いました。今回は検索条件の調整、添付ファイルテーブルの操作機能を追加します。

  • 2017/05/16

    Visual C++ 2017で一足お先にfilesystem

     Visual Studio 2017がリリースされました、Visual Studio 20周年おめでとうございます。早速RC版からupdateし、変更点の確認ついでに目新しいヘッダが追加されてはいないかとsystem-includeディレクトリを眺めていたら<filesystem>が目に留まりました。filesystemはVC++2015にも入ってたんですが、紹介するのをコロッと忘れてましたよ。ファイルとディレクトリの操作にとっても便利なfilesystemを紹介いたします。

  • 2017/05/15

    OSSフレームワーク「dataforms.jar」でサンプルプログラムを構築する(1)

     本記事ではMVCそれぞれの機能を1つのjarファイルにまとめた、中小規模Webアプリ開発向けのOSSフレームワーク「dataforms.jar」を使い、掲示板のサンプルアプリケーションを構築します。

  • 2017/05/12

    Pythonで使って覚えるEvernote API

     Evernoteは直感的な操作でクラウド上に情報を蓄積できるサービスです。本記事ではEvernoteが公開しているAPIをPythonから利用し、APIの基本機能を確認していきます。また、Evernote APIの活用方法として、ノートの内容からタグを付与する、簡易なプログラムの作成方法を紹介します。

  • 2017/03/28

    データフローの構築と実行をサポートする、Microsoft PPLの「Asynchronous Agents」

     前回、Microsft PPL(Parallel Patterns LIbrary)の並列コンテナを紹介しました。PPLには他にも面白いマルチスレッドのからくりが仕込まれています。その中からデータフローの構築と実行をサポートしてくれるAsynchronous Agents(非同期エージェント)を軽くひとめぐり。

  • 2017/02/27

    MVCそれぞれの機能を1つのjarファイルにまとめた、中小規模Webアプリ開発向けのOSSフレームワーク「dataforms.jar」

     Javaアプリケーションを作成する際に使用するフレームワークの選定は、開発をスムーズに進めるためのカギとなります。一方で、既存のフレームワークの中に適したものが見つからず、プロジェクトリーダーの悩みの種となることも多いのではないでしょうか。本記事では、既存のフレームワークを選択せず、独自のフレームワークを構築して柔軟なアプリケーション開発を実現した事例を紹介します。

  • 2017/02/13

    『ジョイ・インク』の訳者に訊く! 「喜び」と「アジャイル」の深い関係

     米国で最も幸せな職場と言われるメンロー・イノベーションズ社。同社の創業者かつCEOであるリチャード・シェリダン氏の著作、『ジョイ・インク 役職も部署もない全員主役のマネジメント』の日本語訳が2016年12月に刊行された。本書はメンロー社のあり方や仕事の様子をはじめ、経営の柱としている「喜びの追求」について解説している。今回は翻訳者の1人である安井力氏に、日本語版が刊行に至るまでの経緯と、本書の魅力についてインタビューを行った。安井氏は、本書で解説されている「喜び」と、ソフトウェアの「アジャイル...

  • 2017/02/08

    試して納得! IBM Watson Data Platform 〜 データサイエンティストからアプリ開発者までのコラボを実現し、価値創出サイクルを加速するデータ分析基盤

     「ビッグデータ」は黎明期を過ぎ、本格的な発展期を迎えました。取り組みも「収集したビッグデータを可視化して課題の抽出・解決を図る」という単純なものから「分析結果をもとに未来を予測し、ビジネスの最適化、新しい価値の創出につなげる」といった、より複雑なものへと変化しつつあります。こうした変化を見極めたIBMは、データから価値を引き出し、企業の変革をリードするデータ分析基盤として「IBM Watson Data Platform」を発表しました。本稿では、その概要やメリットとともに、データサイエンティ...

  • 2017/02/02

    スレッド間のデータ共有に使える「Microsoft PPLの並列コンテナ」

     C++11で、<thread>、<future>、<mutex>などで定義されたスレッド・ライブラリが標準化されました。おかげで従来OSごとに異なるAPI(Linuxならpthread、WindowsならWinAPI)で実装してたスレッド周りが1つのコードで済むようになりました。しかしながら標準化されたのはスレッド絡みの基本的なものに限られていて、アプリケーション実装にはまだ足りないものが少なくありません。その一つがスレッド間のデータの共有(受け渡し)に使え...

  • 2016/12/01

    ページランクのアルゴリズムをC++で試してみる

     前回Google Mockを紹介したこともあって、Googleがらみのトピックを探していたところ、"How Google Finds Your Needle in the Web's Haystack:GoogleはどうやってWebの干草の山から針を見つけ出すのか"というタイトルの解説記事に辿り着きました。Googleでの検索結果は有用な(あるいは人気のある)ページが検索リストの上位に並びます(広告云々は別として)。各ページの有用さの度合いを計算し、それをキーに並び替えを行っているのでしょう。...

  • 2016/11/14

    Web APIによるデータ連携デザインパターンとツール活用

     APIエコノミーやマイクロサービスアーキテクチャ、FintechをはじめとするさまざまなX-Techといった言葉が叫ばれるなか、APIマネジメント企業の買収のニュースといった形で「API」というキーワードを聞くことが増えています。本記事では、さまざまなクラウド上のユニークなサービスが出てきている今、APIを使ったデータ連携で何ができるようになるのか、どんな代表的ユースケースがあるのか、そしてユーザー企業やシステムインテグレーターがよりAPIを利用しやすくするためのツール活用について見ていきまし...

  • 2016/10/28

    エンジニアがデータサイエンスにも挑戦できる組織を立ち上げたサイバーエージェントの試み

     IoT、ビッグデータの時代になり、市場は大量なデータを前提に、必要なハードウェアやソフトウェアを考えるようになった。ソフトウェアエンジニアも、システム設計やコーディングに際して、膨大なデータをどう管理して、どのように利用するのか、データサイエンスのスキルも求められている。サイバーエージェントのメディア事業 アドテクノロジー局では、このようなハイブリッドなスキルをもったエンジニアを育成するため、エンジニアがデータサイエンスにもチャレンジできる組織を立ち上げたという。組織を立ち上げた背景や、エンジ...

  • 2016/10/27

    アプリケーションエンジニアのためのOpenStackライブラリ「oslo.messaging」徹底解説

     本稿は、アプリケーションエンジニアのためのOpenStackの記事です。ここでの内容によって、皆さんが携わるアプリケーションのサステナビリティ(Sustainability)の向上に寄与できると考えています。OpenStackはIaaSクラウド機能を提供するOSSとして知られていますが、普段アプリケーションの開発を行うエンジニアにとってはレイヤの違いから縁遠い存在に思えるかもしれません。本稿ではそうしたアプリケーションエンジニアが活用できるOpenStackプロジェクト「oslo」についての紹...

  • 2016/10/26

    Google Mock:はじめの一歩

     CodeZineでgtest(Google Test)を紹介したのは4年も前のこと。ひさしぶりにgtestのGitHubを覗いてみたらgtest 1.8.0がリリースされていました。この版の以前との大きな違いは"Mockのサポート"のようです。C++でMockを提供してくれるUnit Test Frameworkはそんなに多くはなかったと記憶しています。 Google製Mockの使い心地を試してみることにしました。

  • 2016/10/17

    テスト専門会社のノウハウが座学と演習でみっちり学べる「テスト設計実践講座」参加レポート

     ソフトウェア開発の実践的なノウハウを、業界のエキスパートから直に教わることのできる「CodeZine Academy」。本記事では、2日間に渡って開催された「テスト設計実践講座」をレポートします。テスト設計実践講座は、ソフトウェアテスト専門会社 SHIFTが運営する講座<ヒンシツ大学>の内容を再編し、「テスト設計ノウハウ」を2日間に凝縮してお届けするもの。ソフトウェアの品質に課題を感じている方、テストの基礎から学びたい方におすすめです。

1~15件(全526件)
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5