Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

オープンソースコンテンツ管理システム「SOY CMS」
韓国にて開催の「OSS Challenge 2009」で金賞を受賞

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/10/27 18:07

 オープンソースのコンテンツ管理システム「SOY CMS」が27日、韓国で開催されたオープンソースソフトウェアのコンテスト「Open Source Software Challenge 2009」の国際部門で金賞に選ばれた。

賞金300万韓国ウォンが贈られる。大賞には中国の「XoopsChina」が選ばれた。

 SOY CMSは、株式会社日本情報化農業研究所が開発するオープンソースのCMSで、GNU General Public License(GPL)バージョン2で提供されている。同社で開発されたアプリケーションフレームワーク「SOY2」をベースにしており、最新版は9月26日に公開されたバージョン1.2.6となっている。

 OSS Challenge 2009は、この1年以内にOSSライセンスで開発されたソフトウェアを対象とするコンテストで、韓国政府の知識経済部(日本の経済産業省に相当)が主催。韓国国内部門のほか、国際的な参加も受けつけていた。

 
【関連リンク】
SOY CMS
株式会社日本情報化農業研究所
Open Source Software Challenge 2009
Winner of OSS Challenge 2009 (International Division)

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5