CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Accessデータを表示させるWebページを自由なレイアウトで作る

MultiRow for ASP.NET 1.0Jを使ったAccessデータを表示するアプリケーションの作成

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/08/25 14:00

 MultiRow for ASP.NET 1.0Jは、従来の行列型データグリッドではなく、コントロールを使ってデータベースの各フィールドデータを表示させることができるグリッドコンポーネントです。今回は、このMultiRow for ASP.NET 1.0Jを使って、Accessデータベースに格納してある「激安賃貸物件データ」というデータを、Webページで表示するアプリケーションを作成しました。

目次

はじめに

 データベースのデータをWebページで表示したいけれど、単純なグリッドでは満足できないし、Windowsアプリケーションのようなレイアウトの自由さがないのでデザインにかなり苦労しそう、と思って二の足を踏んでいる方も多いのではないでしょうか。

 MultiRow for ASP.NET 1.0Jは、従来の行列型データグリッドではなく、コントロールを使ってデータベースの各フィールドデータを表示させることができるグリッドコンポーネントです。

 まるで、Windowsアプリケーションをレイアウトしているような感覚で、グリッド内のセルを自由に配置できるので、データを伝票などのように複雑でユニークな形状のデザインにレイアウトできます。しかも、面倒なコーディングは必要なく、ツールボックスとプロパティウィンドウだけでレイアウトできる「テンプレートデザイナ」が搭載されているため、作成も実に簡単です。

 今回は、このMultiRow for ASP.NET 1.0Jを使って、Accessデータベースに格納してある「激安賃貸物件データ」という仮想データを、Webページで表示するアプリケーションを作成しました。

Accessデータベースのデータから、カラフルで見やすい表を作る
Accessデータベースのデータから、カラフルで見やすい表を作る
ナビゲーションボタンは実装済みでコードを書く必要もない
ナビゲーションボタンは実装済みでコードを書く必要もない

対象読者

 Visual Basic/Visual C# 2008/2010を使ってプログラムを作ったことのある人

必要な環境

 Visual Basic 2008/2010、Visual C# 2008/2010、Visual Studio 2008/2010でプログラムが作れる環境。なお、本プログラムはWindows Vista上で動作するVisual Studio 2008を使用して作成し、Internet Explorer 8.0で動作確認を行っています。

ランタイムファイルの配布に関する注意

 MultiRow for ASP.NET 1.0Jを使用したアプリケーションを実行するには、実行環境にMultiRow for ASP.NET 1.0Jのランタイムファイルが必要です。そのため、MultiRow for ASP.NET 1.0Jを使用したアプリケーションを配布する場合、次のランタイムファイルをアプリケーションと共に配布する必要があります。

アセンブリファイル名 説明
GrapeCity.Web.MultiRow.dll 本体アセンブリ
GrapeCity.Web.MultiRow.resources.dll 本体アセンブリのサテライトアセンブリ

 ただし、上記のファイルをサーバーアプリケーションに組み込んで配布する場合、開発ライセンスとは別にサーバーライセンスが必要になります。サーバーライセンスについての詳細は、製品の「ソフトウェア使用許諾契約書」およびライセンスについてを参照ください。

 また、ランタイムファイルを単独で配布することはできません。本製品を用いて開発したアプリケーションとともに配布することのみ、許諾されています。なお、アプリケーションの運用環境には、製品自体をインストールする必要はありません。

コンポーネントのインストール

 MultiRow for ASP.NET 1.0Jコンポーネントを使用するには、Visual Studio、Visual Basic、Visual C#の開発環境にMultiRow for ASP.NET 1.0Jをインストールする必要があります。

 インストーラは、グレープシティのWebページからダウンロードできます。製品ページの[申込フォーム]をクリックし、グレープシティのWebサイトへ必要情報を登録すると、添付トライアルライセンスキーファイルとダウンロードサイトを記載したE-Mailが送られてきますので、ここからダウンロードします。制限事項などの詳細については、インストーラに同梱されているリリースノートを参照ください。

コントロールの追加

 MultiRow for ASP.NET 1.0Jをインストールしたら、ツールボックスに専用のタブを作成し、使用するコンポーネントを追加します。追加するコンポーネントは、アセンブリ名が「GrapeCity.Web.MultiRow」の「MultiRow」コントロールです。

アセンブリ名が「GrapeCity.Web.MultiRow」の「MultiRow」コントロールを選択する
アセンブリ名が「GrapeCity.Web.MultiRow」の「MultiRow」コントロールを選択する

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 瀬戸 遥(セト ハルカ)

    8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

バックナンバー

連載:ComponentZine(MultiRow)
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5