CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

開発者向けカンファレンス「CEDEC 2011」申込受付開始

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/07/05 12:45

 コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は、9月6~8日までの3日間にパシフィコ横浜で開催する、日本最大のコンピュータエンタテインメント開発者向けカンファレンス「コンピュータ・エンターテインメント・デベロッパーズ・カンファレンス 2011」(CEDEC 2011)の受講申込受付を、1日から開始した。

 CEDEC 2011のテーマは、従来からの同イベントのテーマであった「多様性」をさらに推し進めることを表明した「CROSS BORDER」となっている。

 会期中の3日間有効な「レギュラーパス」は、すべて事前購入制となっており、31日までは通常よりも5,000円安くなる早期割引を実施する。また、今回は一般の通常申し込み受講料を、例年の40,000円から35,000円に変更。より多くの人が受講できるよう、価格面の配慮が行われている。

 ほかにも、会期中1日のみすべてのセッションに参加可能な「デイリーパス」や、「スポンサーシップセッション」「展示コーナー」「インタラクティブセッション」などに参加できる「エキスポパス」の事前申込も併せて開始。なお、CEDEC運営委員会では、受講料の一部から総額100万円を東日本大震災復興支援のために寄付するという。

 同時開催イベントとして、ゲーム業界への就職希望者向け講座「『ゲームのお仕事』業界研究フェア 2011」も実施。受講料は無料で、大学生、大学院生、専門学校生など在学/既卒/年齢を問わず、ゲーム業界に関心のある人が対象となる。国内外におけるゲーム産業の現状や将来の展望、国内ゲーム会社の人事採用事情、現役ゲーム開発者による開発現場の生の声などを、セッションやパネルディスカッションで紹介する。なお、当日の様子はインターネット経由で生中継される予定。

 また、初の試みとして、コンピュータエンターテインメント開発に関連のある技術分野で、専門性の高い3つのカンファレンスを招致し、「CEDEC 2011 co-located event」として同時開催する。開催内容は、9月6日が「Mathematics for the Game Industry」、9月7日が「JaSST‘11 in CEDEC」、9月8日が「情報処理学会グラフィクスとCAD研究会30周年記念~CGリサーチフォーラム」となる。


【関連リンク】
コンピュータエンターテインメント協会
CEDEC 2011

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5