Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

マイクロソフト、製品の移行および新規対応を支援するプログラムを提供開始

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2006/09/28 13:50

マイクロソフト株式会社は本日、「Application Platform Program」を10月2日より開始すると発表。マイクロソフト調布技術センターに、大規模な施設を設置し、同社製品へのマイグレーション、新規での対応、および検証を行うためのツールや技術情報をパートナー各社に提供する。

 マイクロソフト株式会社は本日、同社製品へのマイグレーション、新規での対応、および検証を行うための支援プログラム「Application Platform Program(アプリケーションプラットフォームプログラム)」を、2006年10月2日より開始すると発表した。2007年6月までに、100製品もしくはソリューションが、マイクロソフト製品へ移行および対応する予定。

 同プログラムでは、マイクロソフト調布技術センターに、移行や検証を行うための大規模な施設を設置。同施設において、対応を行うためのツールや技術情報をパートナー各社に提供する。内容は、SQL Server 2000およびOracle等の他社データベース製品から、SQL Server 2005への移行を支援する「SQL Server 2005 マイグレーションラボ」の拡張。またデータベースへの対応以外にも、下記の対象製品(予定含む)の支援を実施する。

 さらに、従来の製品対応への技術支援に加え、ビジネスアプリケーションソフトウェアの開発企画段階を重視。その時点で必要となる同社製品への対応も行う。主なものでは、同社製品への移行や、新規対応に関するトレーニング・移行ツール・技術情報・プログラミング技法、およびハードウェアを利用した検証等を1つのパッケージとして提供。これにより、パートナー各社は、同社製品と効果的な組合せや活用方法などを事前に検討し、効率的な製品開発が可能としている。

 尚、プログラムの詳細に関しては下記のマイクロソフト広報資料サイトを参照のこと。

パートナーのアプリケーション/ソリューションに対してマイクロソフト製品への移行および新規対応を支援する「Application Platform Program」を提供開始
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5