Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Keynote Systems、KSK、セカンドファクトリー、スマートフォンサイトの構築・マネジメントに必要なサービスの提供を開始

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/12/13 14:50

 Keynote Systems、KSK、セカンドファクトリーの3社は、連携してスマートフォンサイトの構築・マネジメントに必要なサービスの提供を、12日に開始した。

 Keynoteは、スマートフォンからフィーチャーフォンまでの最適サイトを、ワンソースで構築・運用できる「x-Servlet」と、スマートフォン・タブレットサイトをワンソースで短期の構築と運用性の向上を実現する「x-fit」の提供を行う。また、KSKに対してスマートフォン・タブレット端末のテスト環境である「MITE(Mobile Internet Test Environment)」を提供。KSKは、「x-Servlet」「x-fit」に「MITE」をバンドルする。

 さらに、Keynoteは、セカンドファクトリーとUX計測サービスの代理店契約を締結した。この契約にともない、セカンドファクトリーは、自社のコンサルタントによるUXの推奨案を顧客に実装した後に、Keynoteのサービスで計測を行い、統計的データ分析に基づいてコンサルティング成果の客観評価と実装後のUX最適化を行う。

 今回の3社連携によって、KSKとセカンドファクトリーは、相互のユーザーに対して連携して「x-Servlet」「x-fit」の導入、UXコンサルティングを提供する。Keynoteは、1日あたり10000ページビューを超えるサイトを持つ両社のユーザーに対して、携帯3G回線を使ってスマートフォン・タブレットサイトの表示速度を計測・詳細分析できるMWP(Mobile Web Perspective)と、パフォーマンス改善コンサルティング「Insight」の提供を行う。

 ユーザーは今回の提携によって、「コミュニケーション・デザイン」戦略に基づき、スマートフォン・タブレットサイトが既存のPCサイトやTV・ラジオ・新聞・雑誌・メールといったマルチチャネルの広告媒体と有機的に連携するように「全体最適化」して構築できるようになる。

 また、iOS、Android、WindowsというOSの違いや、機種の違い、デバイスの違いに戸惑うことなく効率的にサイトを構築・運用可能となり、さまざまな端末での表示・動作・パフォーマンステストを素早く簡単に行える。さらに、UX設計を定量・定性分析によって客観的に評価して、妥当かどうかを数値として確認できる。


【関連リンク】
Keynote Systems
KSK
セカンドファクトリー

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5