Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

紙文書の電子化も容易な内部統制支援パッケージが発売

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2006/11/20 16:59

日立システムアンドサービスは内部統制を支援する文書管理システムとして、ワークフロー機能に紙文書の電子化機能を連携させた「Millemasseワークフローパック」の販売を開始した。

 株式会社日立システムアンドサービスは20日、自社製品であるイメージ・ファイリングシステム「Millemasse(ミレマッセ)」と株式会社日立中国ソリューションズのワークフローシステム「Hi-PerBT ウェブ申請」を連携させた、「Millemasseワークフローパック」の販売を本日より開始すると発表した。

  内部統制を実現する上で文書管理システムに求められる機能に、文書の審査・承認経路を把握、統制できることや、契約書や領収書といった紙文書の電子化があげられる。しかし、企業の書類稟議フローは申請、審査、承認、差し戻し、引き戻し、分岐、合議、同報、代理など複雑になりがちである。また、紙文書の電子化も利用者にとって負担となることが多い。

  今回販売する「Millemasseワークフローパック」は、イメージファイリングシステム「Millemasse」とワークフローシステム「Hi-PerBT ウェブ申請」を連携させることで、書類稟議をワークフロー化し、稟議が終わった書類はイメージ・ファイリングで保管・情報共有・情報公開するというライフサイクルを文書管理システムで実現した。また、監査対応として、文書に対する操作をログとして出力する機能も備えている。

プレスリリース:「Millemasseワークフローパック」の販売を開始
  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5