Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

オープンソースのワークフローエンジン「Activiti」チュートリアル

近未来の技術トレンドを先取り! 「Tech-Sketch」出張所 第9回

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/11/27 14:00

 本連載ではTIS株式会社が提供している技術ブログ「Tech-Sketch」から「コレは!」というテーマをピックアップし、加筆修正して皆様にお届けしております。今回取り上げるテーマは、第5回に引き続いて「ワークフロー」です。

目次

 前回、『オープンソースのワークフローエンジン「Activiti」入門』で、Activitiの機能概要やActiviti Explorerの基本機能を中心に説明しました。今回は、『Activiti Engineの"Java API"』を使って、簡単なワークフローアプリケーションを開発したいと思います。

1.開発対象のアプリケーションについて

 本チュートリアルでは、「交通費申請アプリケーション」を開発します。

 交通費申請のワークフローは、以下のとおりです。

  1. 申請者が「利用した鉄道区間」「運賃」「利用日」などの情報をもとに申請を行ないます。
  2. 庶務担当者が「鉄道区間」「運賃」をチェックし、承認/却下を行ないます。
  3. マネージャーが、最終的に承認/却下の判断をします。

交通費申請アプリケーションの画面群

 アプリケーション完成時の画面イメージは、以下のとおりです。

補足1

 今回のアプリケーションは、Webアプリケーション・フレームワークとして「SAStruts」と「S2JDBC」を利用しています。SAStrutsおよびS2JDBCの詳細については、以下のサイトを参照ください。
 

2.開発環境のセットアップ

 『オープンソースのワークフローエンジン「Activiti」入門』でインストールしたIDEに、以下のEclipseプラグインを追加してください。

Tomcat Launcher

 tomcatPluginV33.zipをダウンロード後に解凍し、com.sysdeo.eclipse.tomcat_3.3.0フォルダをeclipseのpluginsに置いてください。

サンプルファイルのインポート

 記事に添付されているサンプルファイル(transportation_tutorial.zip)をダウンロードし、お使いの開発環境(Eclipse)へインポートしてください。


  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 佐藤 政美(TIS株式会社)(サトウ マサミ)

    TIS株式会社 コーポレート本部 戦略技術センター所属。 TISのアプリケーション開発基盤『Xenlon~神龍』の開発および導入支援を中心に活動中。 オープンソースのライブラリを活用し、アプリケーションを素早く構築することに興味があり、「開発現場に喜ばれるモノを提供したい!」と日々、Xenl...

バックナンバー

連載:近未来の技術トレンドを先取り! 「Tech-Sketch」出張所

もっと読む

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5