Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

日本IBM、「IBM PureApplication System」の管理ツールの新版を発表

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/08/28 15:34

 日本IBMは、オンプレミスのクラウド環境を提供する同社の垂直統合型システム「IBM PureApplication System」(以下、PureApplication System)を管理するツール「IBM PureApplication Software V2.0」(以下、PureApplication Software V2.0)を、8月28日に発表した。

 PureApplication Systemは、同社のサーバーマシンにOSやミドルウェアなどを組み込んだプライベートPaas構築向け製品で、クラウドシステムの特徴であるAPIによるセットアップに対応。また、起動するコンポーネントを記述した「パターン」を使用するデプロイメント技術で、システム構築の自動化を実現している。

 今回発表されたPureApplication Software V2.0では、マルチラック・デプロイメント機能を追加。別のラックあるいはデータセンターに置かれた複数のPureApplication Systemへのパターン配布が可能になった。

 ストレージ関連機能も強化。ブロック・ストレージ機能を呼ぶストレージ仮想化技術により、データとアプリケーションのサイフサイクルの分離を実現。ブロック・ストレージを複製することも可能で、システムの可用性と運用容易性を高めた。また、外部ストレージのサポートや、分散共有ファイルシステム「GPFS(General Parallel File System)」を構築するパターンも新しく提供した。

 パターンエンジンの強化により、OpenStack HEATやChefといったオープンソースのシステム構築自動化ツールにも対応。Heat Orchestration Template(HOT)やChefレシピをシステム構築に利用できる。

 PureApplication Software V2.0はPureApplication System上で稼働する。PureApplication Software V2.0およびPureApplication Systemの販売は、日本IBMあるいは同社のパートナー各社で行う。価格は要問い合わせ。

 なお、PureApplication SystemをIBMのIaaS「SoftLayer」上で提供するサービスも、6月13日より開始されている。

 

【関連リンク】
・「IBM PureApplication System
日本IBM

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5