CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

ハッカースペースに行こう! 世界のハッカーは想像以上に「おまいら」だった

世界ハッカースペースガイド 第0回

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/10/08 14:00

 先進国の各都市には、ハッカースペースと呼ばれる場所があります。僕は日本でもハッカースペースによく出入りしていて、友達はたいていエンジニアで、なかでもMaker、ハッカーと言われる/そう言われると喜ぶ人たちが多いです。海外でもそういう人たちと一緒に遊んでいて、だんだん友達が増えてきました。この連載では世界各地のハッカースペースを紹介していきます。

目次

 場所ではなく、人に注目した「アジアンハッカー列伝」という連載をエンジニアtypeでやっているので、そちらも併せてご覧ください。

ハッカースペースへのいざない

 僕はチームラボMake部ニコニコ学会βDMM.Makeなどで活動しています。今年の2月くらいから、世界のいろいろなところでチームラボの話を中心に、Make関連のイベントで講演の依頼をいただくことが多く、8月中旬から9月上旬にかけては、スウェーデンの「The Conferenceというイベントに招待されて、ヨーロッパに行ってきました(リンク先は僕の講演のアーカイブです)。基本はシンガポールを拠点に活動しています。

僕のバックパックの写真
僕のバックパックの写真

 ハッカー達と友達になるのはとても楽しいことです。日本人のハッカーなら、たぶん簡単に彼らと友達になれます。コカコーラかマンガ雑誌をおみやげに、ステッカーがベタベタ貼ってあるラップトップを抱えてハッカースペースを訪問すれば、そこには「おまいら」が待っています。

バンコクのおまいらと。これがヌクモリティだ!
バンコクのおまいらと。これがヌクモリティだ!

ハッカースペースってどんなところ?

 先進国の都市には、たいていハッカースペースがあります。西欧が本場で、デンマークのコペンハーゲンには、60万人の人口に対して2つハッカースペースがあります。いっぽうタイのバンコクは、1000万人の人口で同じく2つだけで、しかもそのうち一つ「Makerspace Bangkok」はオランダの人が運営しています

 「これがハッカースペースだ」という明確な定義はなく、認定組織などもありませんが、有志によって運営されている「Hackerspace Wiki」に、世界の「自称ハッカースペース」はまとめられています。

 あなたが自分の場所をここに登録すれば、新しいハッカースペースの誕生です。

Hackerspace Wiki
Hackerspace Wiki

 ハッカースペースの多くは、フリーランスのエンジニアやデザイナーのためのシェアオフィスとなっています。

 月額メンバーシップ費を払えば机が与えられ、郵便物を受け取ることができるハッカースペースや、なかには個室が与えられて住めるハッカースペースもあります。単なるシェアオフィスとの違いとして、基本的にはメンバーは「コンピュータを使って何かを作ることを生業にしてる」人たちであることと、アポイントなしの来訪でもおおむね歓迎してくれる(すくなくとも、邪魔には思わない)ことがあげられます。

 多くのハッカースペースがソファーや寝袋などを備え、いつも誰かしらハッカーがいます。固定の住人がいなくても、誰かがいつもいることは、大学の部室のようなとてもカジュアルな雰囲気、生活感をつくります。

 僕は基本的にはメールかIRCチャットでアポイントを取るのですが、そうしたハッカースペースからは「まあ、いつでも誰かいるから、適当に来てよ」みたいな回答が返ってきます。

コペンハーゲンのハッカースペース「Illutron」の洗濯スペース
コペンハーゲンのハッカースペース「Illutron」の洗濯スペース

 中ではもちろん各自、PCに向かって何かしています。プログラムを書いている人、ハンダとオシロスコープで電子回路を作っている人、旋盤で削ってる人……もちろんネットゲームやってる人やアニメを見ている人もいます。共通の書棚には技術書が並び、ボードゲームなどもあります。

iPythonのワークショップ(ハッカースペースシンガポール)
iPythonのワークショップ(ハッカースペースシンガポール)

 ワークショップ、ハッカソン、プレゼンテーション大会なども頻繁に行われます。週に1回程度「Meetup」と呼ばれるプレゼン大会と飲み会を兼ねたイベントが行われ、そこで「君、最近どんなモノ作ったの?」という情報交換が行われることが多いようです。

 フリーランスのエンジニアやデザイナー、まさに会社を立ちあげたばかりのスタートアップにとって、そういう交流は新しい仕事や仲間を探すための貴重な機会です。自分たちがハッカースペースにいることは、メンバーにとって生活や正業の一部なのです。

 この連載では、

  • 物理的なスペースであること
  • ハッカー達がいること
  • 誰でも中に入れて、アポイントとか会議とかの目的がなくても、その場にいることができること

を指してハッカースペースと扱います。

 もちろん、夜中には誰もいないとか、休日でないと人が集まりづらいとかは当たり前なのですが、「ワークショップの時だけ開ける」ようなハッカースペースはここでは扱わないようにします。


  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 高須 正和(タカス マサカズ)

    無駄に元気な、チームラボMake部の発起人。チームラボ/ニコニコ学会β/ニコニコ技術部/DMM.Makeなどで活動をしています。MakerFaire深圳、台北、シンガポールのCommittee(実行委員)、日本のDIYカルチャーを海外に伝える『ニコ技輸出プロジェクト』を行っています。日本と世界のMa...

バックナンバー

連載:世界ハッカースペースガイド

もっと読む

All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5