CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

AWS認定試験の対策なら、机上の設計より実際の構築! クラウド設計のベストプラクティスを知り、デザインパターンを構築しよう

合格して顧客にアピール! AWS認定ソリューションアーキテクト - アソシエイトレベルの勉強法 第2回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/12/08 14:00

目次

Application Version

 アプリケーションのバージョンを指定します。今回は、あらかじめ用意されているサンプルアプリケーションを使うため、そのまま[Next]ボタンを押します。

Application Version
Application Version

Environment Information

 環境の情報を設定します。Environment URLはAWS上で一意である必要があるため、[Check availability]ボタンを押して利用できるかを確認します。入力完了したら[Next]ボタンを押します。

Environment Information
Environment Information

Additional Resources

 追加のリソースを設定します。今回はRDS(データベース)を設定せず、VPCのみを設定し、[Next]ボタンを押します。

Additional Resources
Additional Resources

Configuration Details

 コンフィグの詳細を設定します。今回はInstance type(EC2インスタンスのタイプ)で[t2.micro]を選択し、[Next]ボタンを押します。

Configuration Details
Configuration Details

Environment Tags

 AWS Elastic Beanstalk環境に、Key-Valueペアで任意のタグを設定できます。今回は設定せずそのまま[Next]ボタンを押します。

Environment Tags
Environment Tags

VPC Configuration

 VPCを設定します。下図のとおりチェックを入れ、[Next]ボタンを押します。

VPC Configuration
VPC Configuration

Review

 設定内容の確認画面です。問題なければ[Launch]ボタンを押します。

Review
Review

環境構築

 自動的にダッシュボードに遷移し、[Health]が灰色(Launching)の状態となっています。環境構築が完了するまでしばらく待ちます。おおよそ数分で完了します。

環境構築
環境構築

 [Health]が緑色(Green)の状態になった後、URLを開くとサンプルアプリケーションが立ち上がります。

環境構築
環境構築
環境構築
環境構築

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:合格して顧客にアピール! AWS認定ソリューションアーキテクト - アソシエイトレベルの勉強法

著者プロフィール

  • fidn(フィドン)

    地方の中小SIerに勤めるSE/デベロッパー。業務システムの運用管理やVB.NETなどの開発に約5年間携わり、現在はiOSアプリ開発やAWSを利用したサービスの開発に従事。 ブログではIT系資格取得体験記やAWS使用メモなど、興味のあることを中心に役立つであろう情報を配信中。...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5