CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

AWS認定試験の対策なら、机上の設計より実際の構築! クラウド設計のベストプラクティスを知り、デザインパターンを構築しよう

合格して顧客にアピール! AWS認定ソリューションアーキテクト - アソシエイトレベルの勉強法 第2回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/12/08 14:00

目次

構築した環境で使われているAWS各サービスの連携を確認する

 AWS Elastic BeanstalkではAWSの各サービスを使用して自動的に環境構築が行われます。ダッシュボードより各サービスがどのように連携しているかを確認します。

Amazon EC2

 Amazon EC2のダッシュボードではEC2インスタンスが2つ起動していることが確認できます。

Amazon EC2
Amazon EC2

AWS AutoScaling

 AWS AutoScalingグループが自動的に作成されており、AWS Elastic Beanstalkの設定画面で確認したのと同様、最小インスタンス数が「2」、最大インスタンス数が「4」となっていることが確認できます。

AWS AutoScaling
AWS AutoScaling

AWS Elastic Load Balancing

 AWS Elastic Load Balancingが自動的に作成されていることが確認できます。

AWS Elastic Load Balancing
AWS Elastic Load Balancing

Amazon VPC

 VPCが自動的に作成されていることが確認できます。

Amazon VPC
Amazon VPC

Amazon S3

 Amazon S3ではバケットが自動作成されていることが確認できます。バケットの中にはアプリケーションのファイルが格納されます。

Amazon S3
Amazon S3

AWS CloudWatch

 AWS CloudWatchではアラームが作成されていることを確認できます。

AWS CloudWatch
AWS CloudWatch

構築したテスト環境の削除

 EC2インスタンスやELBは時間単位で課金されるため、不要になったらAWS Elastic Beanstalkダッシュボードの[Actions]→[Terminate Environment]で環境を削除しておきます。

AWS Elastic Beanstalk環境の削除
AWS Elastic Beanstalk環境の削除

おわりに

 今回構築したのはデザインパターンのうちの基本的なものでしたが、他のデザインパターンについても、机上の設計のみではなく実際に構築してみることで、各サービスの特徴やサービス間の連携について理解を深めることができると思います。特に自分のWebサービスやブログなど、実用的なもののために構築することをおすすめします。試験にも不可欠なIT全般の知識が同時に得られ、学習の効果も倍増するためです。

 次回はAmazon EC2やAmazon S3など、AWSの各サービスを実際に使用してからわかる疑問点を解決していくための学習方法をご紹介します。

参考資料

 本稿でご紹介したAWS関連のリンクです。



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:合格して顧客にアピール! AWS認定ソリューションアーキテクト - アソシエイトレベルの勉強法

著者プロフィール

  • fidn(フィドン)

    地方の中小SIerに勤めるSE/デベロッパー。業務システムの運用管理やVB.NETなどの開発に約5年間携わり、現在はiOSアプリ開発やAWSを利用したサービスの開発に従事。 ブログではIT系資格取得体験記やAWS使用メモなど、興味のあることを中心に役立つであろう情報を配信中。...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5