CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

AWS認定試験の対策なら、机上の設計より実際の構築! クラウド設計のベストプラクティスを知り、デザインパターンを構築しよう

合格して顧客にアピール! AWS認定ソリューションアーキテクト - アソシエイトレベルの勉強法 第2回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/12/08 14:00

目次

AWS Elastic Beanstalkを使ってデザインパターンの1つを構築する

 前述のAWS-CloudDesignPatternのクラウドアーキテクティング原則には、「机上実験よりも実証実験」という項目があります。必要なときに安く、すぐに調達できるというクラウドの利点を活かし、サーバーを構築する際などに必要なリソース量を事前に詳細に見積もるのではなく、実際に試して結果をもとに改善を加えていくという原則です。

 AWSでは数多くのサービスが提供されており、用途も多岐にわたるため、各サービスを使う前に詳細を理解するのは簡単なことではありません。そのためまずは実際に使ってみて、わからないところを調べていくというスタンスは、サービスを利用する上でも試験の学習をする上でも重要です。

 そこで、デザインパターンのうちの1つであるMulti-Serverパターンを、AWS Elastic Beanstalkを使って構築していきます。

AWS Elastic Beanstalkとは

 各種プログラミング言語(Java、.NET、PHP、Node.js、Python、Ruby)や、Dockerを使用して開発されたウェブアプリケーションやサービスを、簡単・すぐにデプロイできる環境を作成できるサービスです。

 単一のサーバーだけでなく、Elastic Load Balncingを利用した複数サーバーにも対応しています。PaaSライクなサービスですが、内部的には「Amazon EC2」「Amazon S3」「AWS AutoScaling」「Amazon SNS」などが使われています。

AWS Elastic Beanstalkを使った環境構築

 AWSマネジメントコンソールの[Deployment & Management]カテゴリより、[AWS Elastic Beanstalk]を選択します。

[AWS Elastic Beanstalkを選択
[AWS Elastic Beanstalkを選択

 [Create New Application]を選択します。

Create New Applicationを選択
Create New Applicationを選択

Application Information

 [Application Name]に任意のアプリケーション名を入力し、[Next]ボタンを押します。

Application Information
Application Information

Environment Type

 環境のタイプを設定します。それぞれ以下の値を選択し、[Next]ボタンを押します。

Environment Typeの項目名と値
項目名
Environment tier Web Server
Predefined configuration PHP
Environment type Load balancing, autoscaling
Environment Type
Environment Type

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:合格して顧客にアピール! AWS認定ソリューションアーキテクト - アソシエイトレベルの勉強法

著者プロフィール

  • fidn(フィドン)

    地方の中小SIerに勤めるSE/デベロッパー。業務システムの運用管理やVB.NETなどの開発に約5年間携わり、現在はiOSアプリ開発やAWSを利用したサービスの開発に従事。 ブログではIT系資格取得体験記やAWS使用メモなど、興味のあることを中心に役立つであろう情報を配信中。...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5