CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

AngularJSで入力生産性の高いフォームを実装しよう(オートコンプリート/ファイルアップローダー)

AngularJSアプリ開発を支援する便利モジュール 第1回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/09/04 14:00
目次

テキストボックスにオートコンプリート機能を追加したい - Typeahead(2)

前方一致した単語だけを候補表示する

 Typeaheadディレクティブは、デフォルトで入力値と候補リストの比較を部分一致検索します。これを前方一致検索に改めるには、filterフィルターの第2引数として、独自の比較関数を指定します(*)。

 先ほどの例であれば、以下のようにコードを修正してみましょう。

*)実はTypeaheadディレクティブは、与えられた候補リストを表示しているにすぎません。入力値に応じて、リストの絞り込みを担当しているのはfilterフィルターの役割です。

リスト3 ac.html
<input type="text" id="keywd" ng-model="keywd"
  typeahead="keywd for keywd in keywds | filter:$viewValue :forwardMatch | limitTo: 7" />
リスト4 ac.js
angular.module('myApp', [ 'ui.bootstrap' ])
  .controller('MyController', ['$scope', function($scope) {
    ...中略...
    // 比較関数を準備
    $scope.forwardMatch = function(value, input) {
      return value.toLowerCase().indexOf(input.toLowerCase()) === 0;
    };
  }]);
前方一致検索で単語を候補表示
前方一致検索で単語を候補表示

 比較関数であることの条件は、

 引数として候補リストの値(value)/実際の入力値(input)を受け取り、合致する場合には戻り値としてtrueを返す

ことです。forwardMatch関数であれば、引数value/inputをindexOfメソッドで比較し、戻り値が0である(=前方一致する)場合に候補リストに反映しています。toLowerCaseメソッドで変数value/inputを小文字で揃えているのは、検索に際して大文字/小文字を区別しないためです。

候補リストをサーバーサイドから取得する

 候補リストが大量に及んだ場合、すべての候補リストをクライアントサイドで管理するのは得策ではありません。サーバーサイド(データベースなど)でデータを保持しておき、必要なデータだけを取り出すことで、クライアント-サーバー間を行き来するトラフィックを節減できます。

 これには、サーバーサイドで以下のようなルールでコードを準備します。

  • クエリ情報inputとして入力値を受け取ること
  • 候補リストの一覧(以下)をJSON形式で返すこと
リスト5 サーバーサイドから返される候補リストのデータ
["each","element","equals","expect","extend"]

 サーバーサイドのコードは本稿の守備範囲を外れますので、配布サンプルのac_server.phpを参照してください。あとは、typeahead属性(ディレクティブ)の指定を修正するだけです。

リスト6 ac_server.html
<!--(1)関数経由で候補リストを取得-->
<input type="text" id="keywd" ng-model="keywd"
  typeahead="keywd for keywd in selectList($viewValue)" />
リスト7 ac_server.js
angular.module('myApp', [ 'ui.bootstrap' ])
  .controller('MyController', ['$scope', '$http', function($scope, $http) {
    // (2)サーバーサイドから候補リストを取得
    $scope.selectList = function(value) {
      return $http.get('ac_server.php', {
        params: { input: value }
      }).then(function(response){
        return response.data;	// 戻り値をそのまま返却
      });
    };
  }]);

 typeahead属性には「~in selectList($viewValue)」と、配列の代わりに、配列を返すための関数を指定します(1)。(2)のselectList関数には、サーバーサイドに対して入力値を送信し、候補リストを受け取るためのコードを用意します。これで「~ac_server.php?input=入力値」のようなリクエストを送信します。レスポンスを取得したら、これをそのまま戻り値として返すだけです。

 なお、サーバーサイドと連携した場合、typeahead属性からfilter/limitToのようなフィルターの指定が除かれている点に注目してください。トラフィックを最小限にするという意味でも、検索、件数の制限は、サーバーサイドで行うべきだからです。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:AngularJSアプリ開発を支援する便利モジュール

もっと読む

著者プロフィール

  • WINGSプロジェクト(ウイングスプロジェクト)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂...

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XM...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5