Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

著者情報

執筆記事

  • 2017/09/13

    実践DDD本 第8章「ドメインイベント」~出来事を記録して活用~

     ドメイン駆動設計(DDD)は、顧客と開発者が業務を戦略的に理解し、共通の言葉を用いてシステムを発展させていく設計手法です。前回は「ドメインサービス」について紹介しました。8回目となる今回は「ドメインイベント」について紹介します。

  • 2017/09/11

    Webページの構成ファイルをまとめる、モジュールバンドラー「webpack」入門

     本連載では、HTML/JavaScript開発作業を効率化する、さまざまなツールやライブラリを紹介します。今回取り上げる「webpack」は、Webページを構成するさまざまなファイルを、依存性を解決しながらまとめる「モジュールバンドラー」です。JavaScriptの依存性解決ができるほか、画像ファイルやCSSなど、さまざまな種類のファイルを処理できるwebpackの利用法を、第9回と第10回の2回にわたって説明します。

  • 2017/09/06

    Microsoft AzureのNoSQLデータベース「Cosmos DB」における実装方法を知る

     本連載では、Microsoft Azureのサービスラインナップの1つで、NoSQLデータベースのPaaSであるCosmos DBについて全4回(概要/設計/実装/運用)に分けて説明します。3回目の今回は、実装編として実際にCosmos DBを触ってみます。

  • 2017/08/17

    Rails 5のAPIモードを使ってAPIを実装

     前回はAction Cableのサンプルアプリを拡張して発言をデータベースに保存できるようにし、会員登録機能と関連付けを行いました。連載最終回の今回は、Rails 5のもう一つの目玉機能であるAPIモードで別のRailsアプリケーションを立ち上げ、今回開発したチャットアプリに機能を追加します。

  • 2017/08/04

    SQLでRFM分析に挑戦する

     本連載ではビジネスデータ解析でデータベースから情報を取得して活用する必要がある方を対象に、ビジネスデータ解析でよく使われる実践的なSQL例を示し、解説します。前回はバスケット分析と時系列分析について取り上げました。今回は顧客分析の代表的な手法の一つであるRFM分析を題材に、具体的な実行例でSQLでのデータ解析に挑戦します。

  • 2017/08/02

    Microsoft AzureのNoSQLデータベース「Cosmos DB」における設計方法を知る

     本連載では、Microsoft Azureのサービスラインナップの1つで、NoSQLデータベースのPaaSであるCosmos DBについて全4回(概要/設計/実装/運用)に分けて説明します。2回目の今回は、設計編としてCosmos DBを使い始める際に考慮すべきポイントについて説明します。なお、第1回ではサービスの旧名称である「DocumentDB」を本文中に使用していましたが、今回からは「Cosmos DB」に名称を統一しています。

  • 2017/07/31

    実践DDD本 第7章「ドメインサービス」~複数の物を扱うビジネスルール~

     ドメイン駆動設計(DDD)は、顧客と開発者が業務を戦略的に理解し、共通の言葉を用いてシステムを発展させていく設計手法です。前回は「値オブジェクト」について紹介しました。7回目となる今回は「ドメインサービス」について紹介します。

791件中1~7件を表示
戻る


All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5