CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

ネットワーク仮想化ソフトウェア「MidoNet」(実践/後編)
~OpenStackとMidoNetの連携と疎通確認

近未来の技術トレンドを先取り! 「Tech-Sketch」出張所 第25回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/02/22 14:00

目次

OpenStack、MidoNetのネットワーク設定

 ここまでで、OpenStackとMidoNetの連携設定が完了しましたので、NeutronとMidoNetの基本的なネットワーク設定を行います。作業の流れは以下のとおりです。

  1. 管理ホスト
    1. midonet-cliでTunnel-Zoneを作成し、メンバを登録
    2. neutronで外部ネットワークを作成
    3. midonet-cliでneutronの外部ネットワークと物理外部ネットワークをマッピング
    4. Tunnel-Zone作成とメンバを登録

Tunnel-Zoneの作成とメンバの登録

 今回はVXLanでTunnel-Zoneを作成し、gateway、compute1、compute2をメンバとして追加します。

midonet-cliでTunnel-Zoneを作成し、メンバを登録
$ midonet-cli
midonet> tunnel-zone create name tz type vxlan
midonet> list host
host host0 name compute1 alive true addresses 127.0.0.1,0:0:0:0:0:0:0:1,10.148.154.35,fe80:0:0:0:426:27ff:fe5d:322d flooding-proxy-weight 1
host host1 name compute2 alive true addresses 127.0.0.1,0:0:0:0:0:0:0:1,10.170.9.11,fe80:0:0:0:4df:ecff:fe39:770c flooding-proxy-weight 1
host host2 name gateway alive true addresses 127.0.0.1,0:0:0:0:0:0:0:1,10.148.154.39,fe80:0:0:0:494:e5ff:fe7e:588a flooding-proxy-weight 1
midonet> tunnel-zone tzone0 add member host host0 address 10.148.154.35
midonet> tunnel-zone tzone0 add member host host1 address 10.170.9.11
midonet> tunnel-zone tzone0 add member host host2 address 10.148.154.39

外部ネットワークを作成

 ext-netという名称の外部ネットワークを作成します。

OpenStackで外部ネットワーク作成
$ neutron net-create ext-net --router:external
(省略)
| id                    | 500ecc53-db89-4cfb-a063-f4cdd5396bf9 |
(省略)

 次に、ext-netにサブネットext-subnetを作成します。今回の外部ネットワークは203.0.113.0/24とします。

OpenStackでサブネットを作成
$ neutron subnet-create ext-net 203.0.113.0/24 --name ext-subnet --allocation-pool start=203.0.113.100,end=203.0.113.200 --disable-dhcp --gateway 203.0.113.1
(省略)
| id                | 6538ad5d-e323-4545-8f51-dd8222bf6fc2               |
(省略)

外部ネットワークと物理外部ネットワークのマッピング

 上記手順で作成した外部ネットワークのGatewayは203.0.113.1ですが、これがゲートウェイホストで作成した外部ネットワークのルータ相当のインターフェースにマッピングされるよう、Bindingを設定します。

 具体的な操作としては、neutronで作成したext-netはMidoNetのbridgeとなっているため、このbridgeにportを追加し、そのportとvethのBindingを設定する形になります。

外部ネットワークと物理外部ネットワークのマッピング
midonet> list host
(省略)
host host2 name gateway alive true addresses 127.0.0.1,0:0:0:0:0:0:0:1,10.148.154.39,fe80:0:0:0:494:e5ff:fe7e:588a flooding-proxy-weight 1
midonet> host host2 list interface
(省略)
iface veth0-1 host_id host2 status 3 addresses [u'fe80:0:0:0:dcc9:48ff:feb3:d274'] mac de:c9:48:b3:d2:74 mtu 1500 type Virtual endpoint UNKNOWN
(省略)
midonet> list bridge
bridge bridge0 name ext-net state up
midonet> bridge bridge0 add port
midonet> host host2 add binding port bridge0:port0 interface veth0-1

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:近未来の技術トレンドを先取り! 「Tech-Sketch」出張所

もっと読む

著者プロフィール

  • 村木 暢哉(TIS株式会社)(ムラキ マサヤ)

    TIS株式会社 戦略技術センター所属。 以前はアプリケーション・ミドルウェア開発のエンジニアでしたが、紆余曲折を経て、現在はSoftware Defined Networking/Software Defined Infrastructureの研究開発を主に担当しています。 知らないことばかりで...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5