SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

ComponentZine(ComponentOne)(PR)

ComponentOne Studio for WPFでアプリケーションからWord、PDFを取り扱う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 業務アプリケーションで作成したデータを持ち出したい、または使いやすい形で出力したいという要望を受けることがあります。別のシステムへの取り込みであれば、CSVのような形式が一般的ですが、営業資料など、使う人がシステム的な知識が無い場合は、WordやPDFといった、専門的な知識無しで多くのPCで表示可能な形式が適しています。今回は、ComponentOne Studio for WPFを用いて、アプリケーションからWordやPDFファイルを取り扱う方法を紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回紹介するコンポーネント

 本記事では以下の3つのコンポーネントを紹介します。

C1Word(Word Library for WPF)

 グレープシティ社の提供する、Word形式での出力に対応したコンポーネントで、ComponentOne Studio for WPFを導入することで利用可能になります。

 C1Wordではテキスト装飾だけでなく、画像やハイパーリンクなども利用することができます。

 Word形式だけでなく、リッチテキスト形式で出力し、Windows標準のワードパットアプリで編集することも可能です。

注意

 本記事執筆時点ではC1Wordはベータ版です。

C1Pdf(PDF for WPF)

 同じくグレープシティ社の提供する、Adobe PDFドキュメントを作成できるコンポーネントです。C1Word同様にComponentOne Studio for WPFを導入することで利用可能になります。

 テキストや画像の表示、しおり機能や、ファイルの添付など、PDFの高度な機能も利用可能です。

C1PdfViewer(PdfViewer for WPF)

 同じくグレープシティ社の提供する、Adobe PDFドキュメントを表示できるコンポーネントです。C1Word同様にComponentOne Studio for WPFを導入することで利用可能になります。

対象読者

 Visual Studioを利用してアプリケーションを作成した経験がある、またはC#、VisualBasicなどの.NET系言語での開発経験がある方。

必要な環境

 ComponentOne Studio for WPFを利用するには以下の環境が必要となります。詳しくは、公式サイトのページを参照ください。

  • Visual Studio 2010/2012/2013/2015 日本語版
  • .NET Framework 4.5.2/4.6/4.6.1/4.6.2

 本記事はVisual Studio 2015(Communityエディション)、.NET Framework 4.6環境で画像キャプチャーの取得、動作検証を行っております。

 Microsoft WordなどのOffice製品や、PDF作成ソフト(Adobe Acrobatなど)が無くても開発可能です(作成したPDFを閲覧する場合にビューワーが必要になりますが、アプリケーションの開発に必要ではありません)。

ComponentOne Studio for WPFのインストール

 ComponentOne Studio for WPFの導入については過去の記事「モダンな環境に対応する便利で多様なコンポーネント ~ バーコード/Excel/PDF/高解像度対応/タッチ操作/タイル」を参照ください。前述の記事ではWinFormsを選択してインストールしていますが、本記事ではWPFに読み替えてください。

 ComponentOne Studio for WPFのバージョンは執筆時点で最新の「2016J v2」を利用します。

次のページ
Word形式でファイルを保存する

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ComponentZine(ComponentOne)連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

西村 誠(ニシムラ マコト)

 Microsoft MVP Windows Platform Development。 Flash、PHPの開発経験もあり国産ECサイト構築フレームワーク「EC-CUBE」の公式エバンジェリストでもある。 ブログ:眠るシーラカンスと水底のプログラマー 著書:基礎から学ぶ Windowsストアアプリ開発

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/9907 2017/01/10 14:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング