CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

著者情報

  • 鈴木 俊裕(スズキ トシヒロ)

    株式会社サイバーエージェント アメーバ事業本部 Ameba Technology Laboratory

    2008年4月に株式会社サイバーエージェントに新卒で入社。基盤システムの開発・運用に従事する。
    2010年4月にHadoop/Hiveを用いたログ解析基盤の開発・運用を担当する。
    2011年4月に、ログ解析、レコメンド、検索エンジンなどを開発するAmeba Technology Laboratoryの立ち上げメンバーとなる。
    2011年10月からHBaseを用いたグラフDBを開発し、スマートフォンプラットフォームのユーザの友達関係などのつながりの管理に導入された。
    現在はログ解析基盤やHBaseの開発・運用に従事している。

    Twitter https://twitter.com/brfrn169
    Facebook https://www.facebook.com/brfrn169

執筆記事

  • 7707_t.gif
    2014/04/09

    HBaseでトランザクションを扱ってみよう

     前回は、HBaseをSQLで操作することができるライブラリ「Phoenix」を紹介しました。今回は、本連載の最後のテーマとして、HBaseでトランザクションを扱うことのできる「Omid」というライブラリを紹介します。

  • 2014/03/05

    HBaseをSQLで操作してみよう(後編)

     前回は、HBaseをSQLで扱えるライブラリPhoenixを紹介し、簡単に動かしてみました。今回は、さらにPhoenixの高度な機能を使ってみましょう。

  • 2014/01/30

    HBaseをSQLで操作してみよう(前編)

     今回は、HBaseをSQLで操作しRDBのように扱えるようにする、Salesforceが開発したライブラリ「Phoenix」を紹介します。

  • 2013/12/27

    HBaseを使ってグラフDBを作ってみよう(後編)

     前回はグラフDBに、リレーションシップのプロパティによるセカンダリインデックス機能を追加しました。今回は、さらにグラフDBの使い勝手を良くする機能を追加していきます。

  • 2013/11/15

    HBaseを使ってグラフDBを作ってみよう(中編)

     前回は、株式会社サイバーエージェントでのHBaseのユースケースの一つであるグラフDBを作りました。今回は、前回作成したグラフDBにリレーションシップのプロパティによるセカンダリインデックス機能を追加していきます。

  • 7373_t.gif
    2013/10/02

    HBaseを使ってグラフDBを作ってみよう(前編)

     前回はHBaseを使ったアプリケーションのケーススタディとして、HBaseの強い一貫性を利用した簡易アクセス解析サービスを作りました。今回は、株式会社サイバーエージェントでのHBaseのユースケースの一つであるグラフDBを作ってみましょう。

  • 7233_t.gif
    2013/07/12

    HBaseを使って簡易アクセス解析サービスを作ってみよう

     前回はHBaseを使ったアプリケーションのケーススタディとして、簡易ブログサービスを作りました。今回は、HBaseの強い一貫性を利用した簡易アクセス解析サービスを作ってみましょう。

10件中1~7件を表示
戻る


All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5