このコーナー(ComponentZine)では、コンポーネントを利用して、ソフトウェア の生産性や品質を向上させるための情報を紹介します。

記事

 本連載では、WebブラウザのJavaScriptで帳票を出力できるグレープシティのライブラリ「ActiveReportsJS」を活用した帳票アプリの利用法を紹介しています。前回はActiveReportsJSの新バージョンV2Jで追加されたデータソースの新機能を説明しました。今回は同じくV2Jで導入されたレイヤー機能を紹介します。レポートコントロールを複数のレイヤーに振り分けて、表示・印刷・エクスポート時の表示と非表示をレイヤー単位で切り替えられます。

(02/26)

 .NETコンポーネントやJavaScriptライブラリをはじめとするソフトウェア開発ツールの提供により、国内外の開発者を支援するグレープシティ。同社は、アプリケーション開発技術や製品にかかわる最新動向を紹介する技術カンファレンスとして、2015年以来「GrapeCity ECHO(エコー)」を毎年開催してきた。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、初のオンラインでの実施となった今回は、「GrapeCity ECHO week 2020」と題し、「グレープシティ開発支援ツールの活用事例紹介」をテーマに、2020年12月21~25日の会期で開催された。ここでは、12月21~23日のセッションを扱った前編に引き続き、後編として24、25日の講演の模様をレポートしたい。

(02/08)

 .NETコンポーネント、JavaScriptライブラリをはじめとするソフトウェア開発ツールの提供によって、国内外の開発者を支援するグレープシティ。同社では2015年以来、アプリケーション開発技術や同社製品にかかわる最新動向を紹介するグローバル規模の技術カンファレンス「GrapeCity ECHO(エコー)」を毎年開催している。今回は初のオンラインでの実施とし、「GrapeCity ECHO week 2020」と銘打って2020年12月21~25日に開催された。実際にグレープシティのツールを用いてシステム開発に取り組んだ企業のキーパーソンが講師に招かれ、プロジェクトの経緯や開発時の工夫、ツールがもたらした成果などを紹介。あわせてグレープシティの担当者が、そこで用いられた同社製品の解説を行った。本稿では会期前半のセッションをレポートする。

(02/05)

スポンサー情報

グレープシティ株式会社本社

グレープシティは、30年以上にわたり業務アプリ開発者を支援し続けているコンポーネントベンダーです。 Visual Studioでの開発を支援する.NETコンポーネントや、WebアプリのUI開発で利用できるJavaScriptライブラリといった開発支援ツールを提供しています。

日本の業務に適したシステムをより早く開発すること、また、エンドユーザーの利用しやすさ、幅広いユーザー環境への対応、そして何よりプログラマの作業を軽減することを一番に目指しています。