SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

高機能JavaScriptグリッド部品「SpreadJS」の活用(PR)

「SpreadJS」のスプレッドシートをReact+ASP.NET Coreで活用してデータ集計するWebページを作ろう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本記事では、ExcelライクなスプレッドシートをWebページに表示できるグレープシティのJavaScriptライブラリー「SpreadJS」を、JavaScriptライブラリーReactと組み合わせて利用する例を紹介します。サーバー側はマイクロソフトのASP.NET CoreでWeb APIを作成して、Web APIから取得したデータをSpreadJSで表示させます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

 SpreadJSは、ExcelライクなスプレッドシートをWebページに表示できる、グレープシティのJavaScriptライブラリです。記事執筆時点の最新版は2022年7月に公開された「V15.1J」です。

図1 SpreadJSの製品ページ(https://www.grapecity.co.jp/developer/spreadjs)
図1 SpreadJSの製品ページ

 SpreadJSの活用法は過去記事でも紹介してきましたが、今回はクライアント(Webページ)にSpreadJSとReactを組み合わせて利用し、ASP.NET Coreでサーバー側に実装したWeb APIからデータを取得してスプレッドシートに表示する実装例を紹介します。スプレッドシートならではの機能として、計算式を設定して最大値などのデータ集計を行う方法も説明します。

対象読者

  • ExcelライクなスプレッドシートをWebページで実現したい方
  • ASP.NET CoreのWeb API実装を体験したい方
  • SpreadJSを試したいReactユーザーの方

必要な環境

 本記事のサンプルコードは、以下の環境で動作を確認しています。

  • Windows 10 64bit版
  • SpreadJS 15.1.4
  • Microsoft Visual Studio Community 2022 17.3.5
  • Node.js 16.17.1 64bit版
  • Microsoft Edge 105.0.1343.53

 サンプルコードに含まれるソリューションファイル(*.sln)をVisual Studio 2022で開くことで、ソースコードの確認や実行が行えます。

SpreadJSを組み込むVisual Studioのプロジェクトを確認

 本記事では、Visual Studio 2022に含まれる「React.js での ASP.NET Core」プロジェクトテンプレートから生成したプロジェクト(図2)を元に、SpreadJSを実装します。

図2 Visual Studio 2022で生成できるReactアプリの実行結果(P001ReactPlain)
図2 Visual Studio 2022で生成できるReactアプリの実行結果(P001ReactPlain)

 このプロジェクトにはReactによるクライアント側の実装と、ASP.NET CoreでWeb APIを提供するサーバー側の実装が両方含まれています。プロジェクト構成の詳細は過去記事の説明も参考にしてください。ここでは概要のみを述べます。

 プロジェクトの<プロジェクト名>/ClientAppフォルダーにクライアント側(React)の実装が含まれます。コンポーネントの実装が含まれるのは、その中のsrc/componentsフォルダーです(図3)。

図3 ReactプロジェクトのP001ReactPlain/ClientApp/src/componentsフォルダー(P001ReactPlain)
図3 ReactプロジェクトのP001ReactPlain/ClientApp/src/componentsフォルダー(P001ReactPlain)

 componentフォルダー内には、表1のファイルが含まれます。Layout.jsがページ全体に対応し、その中にNavMenu.jsによる画面上部メニューが表示されます。Home.js、Counter.js、FetchData.jsの各コンポーネントは、画面上部メニューの「Home」「Counter」「Fetch data」リンクをクリック時に表示されるページ内容に対応します。

表1 componentsフォルダーに含まれるファイル(P001ReactPlain)
No. ファイル名 役割
1 Counter.js Counterページに対応するコンポーネントファイル
2 FetchData.js Fetch dataページに対応するコンポーネントファイル
3 Home.js Homeページに対応するコンポーネントファイル
4 Layout.js ページ全体の表示に対応するコンポーネントファイル
5 NavMenu.css 画面上部メニューのスタイルシート
6 NavMenu.js 画面上部メニューのコンポーネントファイル

 本記事では、Home.js、Counter.js、FetchData.jsと横並びにコンポーネントのファイルを1つ追加して、その中でSpreadJSを表示するように実装していきます。

次のページ
過去1カ月の気温をスプレッドシートに表示するWebページを作る

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高機能JavaScriptグリッド部品「SpreadJS」の活用連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

WINGSプロジェクト  吉川 英一(ヨシカワ エイイチ)

WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂きたい。著書記事多数。 RSS Twitter: @yyamada(公式)、@yyamada/wings(メンバーリスト) Facebook

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XMLDB/PEAR/Smarty)」「独習シリーズ(ASP.NET/PHP)」「10日でおぼえる入門教室シリーズ(ASP.NET/PHP/Jakarta/JSP&サーブレット/XML)」「Pocket詳解辞典シリーズ(ASP.NET/PHP/Perl&CGI)」「今日からつかえるシリーズ(PHP/JSP&サーブレット/XML/ASP)」「書き込み式 SQLのドリル」他、著書多数

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/16727 2022/11/02 12:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング