SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

JavaScriptライブラリ「Wijmo」のさまざまな部品を徹底活用(PR)

JavaScriptライブラリ「Wijmo」のさまざまな部品を徹底活用!~まずは表とチャートから解説~

JavaScriptライブラリ「Wijmo」のさまざまな部品を徹底活用 第1回

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グレープシティのJavaScriptライブラリ「Wijmo(ウィジモ)」は、Webページ作成に利用できるさまざまな部品の詰め合わせです。本連載ではこれらの部品を複数組み合わせて本格的なデータ表示Webページを構築する例を、複数回にわたって紹介していきます。初回となる今回は、CSVファイルから取得した気温データをもとに、FlexGridを使った表と、FlexChartを使ったチャートを表示させます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

 Wijmo(ウィジモ)は、グレープシティがHTML/JavaScript環境に向けて提供しているJavaScriptライブラリで、WebサイトやWebアプリケーションで活用できるUI部品を利用者に提供します。記事執筆時点の最新版は2022年4月に公開された「2022J v1」です。

図1 Wijmoの製品ページ(https://www.grapecity.co.jp/developer/wijmo)
図1 Wijmoの製品ページ

 Wijmoが提供する機能は多岐にわたり、表を表示するFlexGrid、チャートを表示するFlexChart、利用者のデータ入力を支援するUI部品など、Webページ作成に利用できるさまざまな部品の詰め合わせといえます。グレープシティのデモページでサンプルコードの一覧を見ると、その多機能ぶりがうかがえます。

図2 Wijmoデモページのサンプルコード群(https://demo.grapecity.com/wijmo/demos/)
図2 Wijmoデモページのサンプルコード群

 CodeZineではこれまでも、過去記事において、Wijmoに追加された新機能や新部品、ReactやVue.jsといったJavaScriptライブラリ・フレームワークと組み合わせての利用法などを紹介してきましたが、今回はWijmo自身のさまざまな機能に着目して、複数の機能を幅広く組み合わせていく例を紹介します。今回を含め全4回の連載で、WebページにWijmoの機能を随時盛り込んでいき、Wijmoの多彩な部品を紹介していきます。

対象読者

  • UI部品としてWijmoの利用を検討されている方
  • Wijmoのさまざまな機能を使ってみたい方
  • 一部のUI部品しか使ったことのないWijmoユーザーの方

必要な環境

 本記事のサンプルコードは、以下の環境で動作を確認しています。

  • Windows 10 64bit版
  • Wijmo 5.20221.857
  • Node.js 18.12.1 64bit版
  • Microsoft Edge 107.0.1418.56

 サンプルコードでは、ReactやVue.jsといったUIフレームワークやライブラリ、Babelやwebpack、TypeScriptといったJavaScriptファイルを変換するツールは使いません。基本的にindex.htmlをWebブラウザーで直接表示すればサンプルを実行できますが、実行時の利便性を高めるため、サンプルコードにはNode.js上で動作する簡易Webサーバーlite-serverを含めています。

 サンプルコードを実行するには、プロジェクトフォルダーにWijmoの配布物をコピー(詳細は後述)して、「npm install」コマンドでlite-serverなどをインストール後、「npm run start」コマンドを実行すると、Webブラウザーで「http://localhost:3000」がロードされてWebページが表示されます。

目標とするWebページの設計

 今回含め4回の記事では、都道府県ごとの気象データを表とチャートで表示する、図3に示すWebページを、Wijmoを使って作成していきます。

図3 本記事がゴールとする気象データWebページの設計
図3 本記事がゴールとする気象データWebページの設計

 このWebページは、表1に示す機能を備えます(No.は図3に示した番号に対応します)。各機能を実現するために利用するWijmoの部品(コントロール)もここで示します。

表1 図3の構成要素と対応するWijmoコントロール
No. 概要 説明

利用する

Wijmo部品

1 都道府県ツリー 地方単位で都道府県をツリー表示 ツリービュー
2 都道府県の選択 ドロップダウン選択と文字入力の両方をサポート オートコンプリート
3 データ表 日時と気象データを表示 FlexGrid
4 データチャート データ表の内容をチャート表示 FlexChart
5 タブ切替 複数チャートをタブで切替 タブパネル

次のページ
まずプロジェクトを生成して環境を整えよう

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の著者

WINGSプロジェクト  吉川 英一(ヨシカワ エイイチ)

WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂きたい。著書記事多数。 RSS Twitter: @yyamada(公式)、@yyamada/wings(メンバーリスト) Facebook

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XMLDB/PEAR/Smarty)」「独習シリーズ(ASP.NET/PHP)」「10日でおぼえる入門教室シリーズ(ASP.NET/PHP/Jakarta/JSP&サーブレット/XML)」「Pocket詳解辞典シリーズ(ASP.NET/PHP/Perl&CGI)」「今日からつかえるシリーズ(PHP/JSP&サーブレット/XML/ASP)」「書き込み式 SQLのドリル」他、著書多数

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/16990 2023/01/30 19:24

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング